スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
犬のダイエット。
2012 / 01 / 18 ( Wed )
○○さん、こんにちは。
残暑厳しい時期ですが、
いかがお過ごしでしょうか。


現在札幌は気温24℃。
ようやく殺人的な猛暑から解放されつつあります。






■ぐりさんが痩せました。



我が家のぐりさんが、完全手づくりに移行してから
はや半年。



ぐりさん、痩せました。



33kg⇒28kg




5kgの減量に成功です。











■何を与えるかではなく、「何を与えないか」。


よく犬のダイエットに関するメールをいただくのですが
こうした内容が多いのが特徴的です。



  ↓    ↓


「我が家の犬は太り過ぎだと獣医さんで言われました。
 食事は何を食べさせたら痩せるでしょうか?」



「うちの子が最近太りはじめました。
 痩せやすい食事や食材があったら知りたいです」








こうしたご相談を寄せられる方の共通点は



「痩せるために、何を食べさせたらいいか?」



と言う部分にフォーカスしているということです。




でも、ちょっと待って下さい。









もともと、犬が太ってしまった原因は何でしょうか?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~







犬が必要とする以上に、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
食べ物を与えてしまったことが原因ではないですか?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~





そう、犬のダイエットに必要なのは
痩せる食材を選んで食べさせること以前に、
犬が太る原因となってしまった余計なものを食べさせるのを
止めること。






「何を与えないか」




と言う視点なのです。














■意外にあげすぎている、あるものとは?





犬用のジャーキー。
ビスケット。



小さなものだし、一口だけだから…と
気軽に与えていないでしょうか。





確かに人間からみたら、小さな一口です。



でも、そのビスケットは
体重3kgのワンコにとって、
1日に必要なエネルギー摂取量のうち、
どのくらいの量に相当するか?と考えたことはありますか?




ジャーキーも同様です。



小さな1本。
細いものだから、このくらいいいよね~と言う感覚で与えているものを



「このおやつ、犬の体重から考えると
 1日の必要な食事量のうち、どのくらいを占めるんだろう…」



と言う視点で考えると




人間にとってのちょっと=犬にとっての少しではない



ということが分かってきます。










■欲しがるからあげる、は愛情?




さて、我が家のぐりさん。
大型犬のラブラドールレトリーバーですが
ラブにしては小ぶりな方です。


なので、ベスト体重は26kg~27kgくらい。



実際に、このくらいの体重の時のぐりさんの体は
ウエストが適度にくびれていて
肋骨も、わき腹から軽く触れられる程度。



やせ過ぎでも、太り過ぎでもなく
でも色が黒いので、遠目に見るとスリムなワンコ、という
印象です。





このぐりさんに異変が起こったのは
盲導犬パピーから、キャリアチェンジ(*)して
我が家の犬として暮らすことが決定してからです。




私の家族による
オヤツ攻めが始まりました。






いろいろな方にお聞きすると
同じパターンのお悩みを抱えている方は実は多いようで



「同居中の両親が、
 いくらいってもオヤツをあげすぎるのを止めてくれない」



「自分の食べているごはんを、犬が欲しがるから、と
 分け与えてしまうので、犬が太ってしまい困っている」



と言うお話をよく耳にします。






我が家も全く同じパターンで
焼き魚のほぐした身、ごはんを一口など
家族はこっそりぐりに与えます。



みるみるうちに太り始めたぐりさんの体重増加を食い止めるべく
カロリー低めの手づくり食で対抗してきた私ですが
それでもやっぱり体重は増加し続け
あっというまに26kg⇒33kgに!



かかりつけの獣医さんにも心配されました。





「ぐりちゃん、急な体重増加ですが。何かあったんですか?」


「…家族がおやつやその他、食事以外の食べものを与えまくっていて
 私が止めても耳を貸さないですし、隠れてこっそりあげるようになりました」



「…(苦笑)」








犬に必要以上に食べ物を与える人に共通するいいわけパターンはこうです。



「だってほしがるもの」
「かわいいもの」
「あげないとかわいそうだもの」





私も家族から、こうしたいいわけを聞くたびに思っていました。




「それって、真の愛情なのだろうか?
 太り過ぎが原因で、様々な病気が引き起こされた場合
 つらいのはぐりなのでは?」




そして、私自身の結婚を機に
ぐりを連れて家を出て
ぐりは完全手づくり食に移行しました。





特にダイエットメニューを組むことはしませんでした。



BLOGで私は、日々のぐりの食生活を綴っていますが
ぐりはメロンを食べたり、




http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&62m1




夏野菜と鶏肉の煮込み乗っけごはんを食べたり




http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&62m2



結構いろいろ食べてます。







意識したのはただひとつ。




「余計なものを食べさせない」




我が家のぐりのおやつは、基本、野菜です。




今時期はミニトマトをどっさりいただくので
私とぐりで分け合って食べています。




ミニトマトは噛みごたえもあるし
水分補給にもなる。


抗酸化成分もたくさん含み
何より夏野菜には、体を自然に冷やしてくれる作用があるので
夏のおやつにはもってこいなのです。







私自身、過去にものすごく太っていた時期があり
その頃は体を動かすのも何だかおっくうだし
体調は最悪でした。


いつも食べ過ぎだったので、常に胃の調子も悪く
それをごまかすために、さらに食べる…という悪循環。




それがダイエットをして
標準体重になってからは
体も軽いし、頭痛もなくなり、胃の調子も良くなりました。



何より、きちんと空腹な状態で食べるごはんの美味しいこと!






こうした経験からはっきり言えますが
食べ過ぎは体の働きを鈍らせるし
重い体では体を動かすのもおっくうになり
毎日が楽しめない。








私は大切な家族であるぐりに、
そうした思いはさせたくありません。




散歩や遊びが快適に楽しめる体の軽さをキープしてあげたいし
食事だって、お腹が空いた状態で



「美味しいな!!」


と感じながら、食べさせてあげたい。






それが私にとっての、
犬に対する愛情です。











■基本は人間と一緒。




「犬は話せないから」
「犬は人間とは違う生き物だから」




確かにそうなんですが
例えば


「暑いとばてる」
「はしゃぎすぎたら疲れる」



というような部分は、
毎日ご自宅で愛犬を見ている○○さんなら



「ああ、基本のところで人間と一緒だよね~」



というのは、ご理解いただけるのではないかと思います。





同じ延長線上で



「犬も太ったら体重くて大変だよな~」
「おやつ食べ過ぎた状態でごはん出されても、美味しくないかも?」



と考えてみると
犬のダイエットも



「余計なものは食べさせない」



と言う具合に、シンプルになるのではないでしょうか。






ダイエットに関するご質問が最近多かったので
今回は、こうした形でメールしてみた次第です。



ではでは。




(終)



*キャリアチェンジ:
様々な理由で盲導犬には向かないと判断された犬を
キャリアチェンジ犬といいます。

ぐりの場合は、訓練に入る前の段階で

「元気がよすぎる」

と言う理由でキャリアチェンジが決定しました(苦笑)







◇追伸1:

モニターさん向けに先行配布用の
アロマテキストですが、
最初テキストだけお配りする予定でしたが
折角モニターしていただくので
動画セミナーも一緒にお付けすることにしました。



今、動画作成&録音の真っ最中です。



1本目の動画だけで20分超えてしまった…。




というわけで、モニターに立候補してくださった方
もう少しお時間いただきますが
どうぞお楽しみに。










◇追伸2:



あ、私も出産予定日まであと1か月というところまできました。

何だかあっという間の妊娠期間だったような
長かったような。


たまたま今日、シルバー人材センターというところの情報をいただきまして
ここでは産後のお世話なんかもお願い出来るようです。



いざとなったらお願いするかも!



何せ、くくり的には高齢出産となるので(笑)
体力に限界が来そうな時には
すぐに外部の力に頼る気まんまんです。



明日にでも、電話して
料金等を確認してみるつもりです。







◇追伸3:



夕顔の実をもらいました。
2kgくらいあります。
でっかい。



どうやって調理して食べようか悩みます。








犬の手作り食メールセミナーに登録する!
★犬の手作り食の基本についてわかりやすく解説した8日間の無料メールセミナーを配信しています!★今なら「犬の栄養学基礎知識e-book」を無料プレゼント!!→ご登録はこちらから!



Office Guri
10 : 37 : 47 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<食事に響かない範囲のおやつ*犬の行動学 | ホーム | 今夜は暑いですね。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dogaromanow.blog.fc2.com/tb.php/75-e4bd6d28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。