スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
犬とハーブ療法*
2011 / 09 / 11 ( Sun )
○○さん、こんにちは。



Office GuriのNaokoこと諸橋直子です。
今日もメールを
開封していただきありがとうございます。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Dr.バーバラという、オーストラリアの獣医師が
実際にハーブを使用して動物の治療を行っています。


そのセミナーを聴きに行きました♪





おー、どんなハーブが紹介されているんだべ!
楽しみだべ!




と、北海道から、えんやこらと飛行機に乗って
出かけて行ったのですが…。




実際に参加してみてビックリ!!(汗)





ええと、ハーブっていうので
私はすっかり西洋ハーブを想像していました。




セミナー参加前に、西洋ハーブの本を読み
タンポポコーヒーの愛飲まで始めました。



ところが…。






もちろん、西洋ハーブについてのお話もありました。
しかしながら、メインは何と



「漢方」




のお話!






これにはたまげました。



オーストラリア人の獣医師の口から
次々と語られる漢方の処方箋…。






東洋で生まれた「漢方」が
海を渡って、遠くオーストラリアで犬の病気治療に使用されているなんて
ちょっと感激ですね。






そして、品質の確かな漢方は
副作用の可能性も非常に低く、
少量から始めることで、犬にも安全に使用することができそうです^^





漢方…面白そうだな~ということで
私自身、漢方の勉強がしたくなってしまい、
早速昨日、ここの講座、資料請求しちゃいました♪





http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&13m1





ええと、たぶん受講申し込みます♪




そして、私自身も漢方を飲んでみようと思うのと
それで結果が良ければ、我が家のぐりさんにも
飲ませてみようと思っています。









もちろん急な感染症には抗生物質などの
西洋医学の即効性のある薬が役立ちますし
病気の原因を、漢方や食餌療法を用いて
体質そのものから変えていくことも
とても大切だと考えています。




そして、時と場合によって、上手に使い分ける知恵を
飼い主自身が身につけることが重要だと
私自身、一飼い主として感じる次第です。




そして、実は漢方の考え方と
アロマテラピーにはある共通の考えがあることも
今回セミナーに参加してみて
改めて感じることができました。




これについては、次号でもう少し
詳しくお話しさせていただきます。



どうぞお楽しみに♪


(本日はここまで*)





犬の手作り食メールセミナーに登録する!
★犬の手作り食の基本についてわかりやすく解説した8日間の無料メールセミナーを配信しています!★今なら「犬の栄養学基礎知識e-book」を無料プレゼント!!→ご登録はこちらから!


08 : 25 : 04 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<漢方薬、飲み始めました♪ | ホーム | 犬は丸のみですよね?喉が詰まらないか心配です。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dogaromanow.blog.fc2.com/tb.php/6-af338000
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。