スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
リンパに腫れのある犬の場合のマッサージはどうしたらいい?~犬とマッサージQ&A(2)
2014 / 03 / 19 ( Wed )

○○さん、こんばんは。
Office Guriの諸橋直子です。


一昨日にリリースしました


「ドッグアロマ+マッサージ基礎講座オンライン版」


ですが、引き続きお申込みをいただいております。
ありがとうございます!



今日は、


「マッサージをしてはいけない場合」


についてのご質問と


「海外在住ですが受講可能ですか?」



と言うご質問を頂戴しましたので
それについて回答させていただきます。







----------------------------------------------------------

Q:

諸橋さま

いつも楽しく有益なメルマガありがとうございます。
今回のアロマとマッサージの
オンライン講座にとても興味があるのですが…



当方の家族のコーギー(♂11歳)は、
二年ほど前から顎下のリンパ節がコロコロしており、
特に治療はしていませんが大きさも変わらず経過観察中です。



椎間板ヘルニアと股関節形成不全の既往歴があり、
高齢ですし、最近の歩き方や筋肉の硬さに気になる点が幾つかありますので、
是非マッサージをしてあげたいのですが、
以前マッサージの講座に出たときに、リンパ節が腫れていたら禁忌と言われました。



ウチの子のようなワンコに、
例えばリンパを流さない様にしてツボだけ押すなど、
応用して使うことはできますか?


お忙しいところ申し訳ありませんが、宜しくお願いいたします。


(TAEさん)

----------------------------------------------------------




既に「腫れ」のある部分へのマッサージは
厳禁ということをご存知とのことですので、
その上で


「腫れなどが特にない個所にツボマッサージは可能か?」


と言うご質問に
お答えしていこうと思います。



ケースバイケースという「但し書き」がつきますが
「腫瘍」のある犬の飼い主さんが
ご家庭でツボマッサージを取り入れているケースは多いです。




TAEさんのわんちゃんは「リンパ節がコロコロいる状態」ということで
メールを拝見する限りで腫瘍とは異なると私は理解していますが
参考になる事例として



「腫瘍のある犬のケース」



で、お話を進めていきます。
その点をご了承くださいね。




では何故、「腫瘍を持つ犬がツボマッサージを取り入れているケースが多いのか?」という
理由を詳しくお話ししていこうと思います。





ツボマッサージの「ツボ」と言う考え方は「中医学」という
中国の古典医学の考え方にベースを置きます。





そして、メールでお話しする、という制限があるため「ざっくり」言いますが
中医学では


「気」

「血」

「水」


の3つで生き物の生理・代謝を考えます。




気はエネルギー、血は血液循環と体の細胞へ栄養や酸素等を届ける働き、
水はリンパ液を含む体内の水分全般だと
ここでは簡単にご理解いただければと思います。



そして、この「気」「血」「水」が体の中を
滞ることなく循環している状態が「健康」だと考えます。



そしてこれらの循環が十分行われていれないるほど
しこりや腫れを生じにくくすると、中医学では考えています。



逆を言うと、こうした「気」「血」「水」の乱れや
バランスの崩れが「腫れ」「腫瘍」を生じる一因と言う風にも
捉えられています。




ところでこの「気」「血」「水」は中医学では
「経絡(けいらく)」という目に見えない体内ルートを
ぐるぐる循環していると考えられており


●ツボ(経穴)


はこの「経絡」上に、存在していると考えられています。





そして「ツボ」を刺激することで、
「気」「血」「水」の循環を良くすると考えられています。



つまり、予防の意味でもツボマッサージは役立つ可能性が高いですし
毎日マッサージをすることで
体に何か変化が起こった場合、すぐに獣医さん相談できるというメリットもあります。




そして、面白いことにツボのいくつかは


●白血球

●赤血球


の生成を増やして、免疫力をUPしてくれると指摘する
獣医師もいます。



ご参考までにいくつかそうしたツボをご紹介しますね。


【1】曲池(きょくち)
前肢にあるツボで、白血球の生成を促し
体内の有毒物質を排除するのに役立つ
「解毒のツボ」として使われます。



【2】三陰交(さんいんこう)
後肢内側にあるツボで犬の内くるぶしから膝を結ぶ線の
下から2/5の場所にあるツボです。

このツボは体中の「気」を強め、特に免疫力そのものである「衛気(えき)」を
増大させ、白血球の生成を促すとされています。


【3】中かん(月+完:ちゅうかん)
犬のみぞおちとへそを結ぶ線の中間にあるツボで
ストレスケアにも用いられるツボです。

ちょうど胃の真上に位置するツボで
胃の周辺のリンパの腫れにも効果的とされています。



ちなみにこの3つのつぼは
オンライン講座内でも取り上げているツボになります。




体に炎症や腫れがある場合は、
炎症や腫れを起こしている箇所を避けつつ
免疫力をサポートし、犬の身体のバランスを整えるのに
役立つツボをチョイスするのがコツです。



但し、これは「ケースバイケース」です。


一番安全なのは、TAEさんのわんちゃんを直接診察して
体の状態を良く知るかかりつけの獣医さんに


「腫れている以外の箇所、
 例えば足やお腹をマッサージするのは問題ないでしょうか?」


と質問して、確認してみることです。


そうすることで、飼い主さんご自身も「安心」して
ツボマッサージを取りれることができるようになります。



ぜひかかりつけの先生に確認してみてくださいね。



----------------------------------------------------------

Q:

こんにちは。
いつも大変楽しく、お勉強させていただいています。
ありがとうございます。


オンラインでのセミナーをぜひ受講させていただきたいのですが、
ロサンゼルス在住のため、お支払いをどうすればいいのか悩んでおります。


こちらの発行のクレジットカードでのお支払いができるのかどうか
よくわかりません。

何か方法を考えていますが、何かよい方法がありますでしょうか。
すみませんがよろしくお願いします。


(Usagiさん)

----------------------------------------------------------

A:

オンラインプログラムのカード決済に
Office Guriでは


●Paypal(ペイパル)
http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&429m1


を使用しています。



Paypal自体が英語圏で圧倒的に利用されているカード決済プラットフォームですので
VISA、Master、AMEXなど主要なクレジットカードに対応しています。



そのため、もし講座をご検討いただけるのであれば
クレジットカード決済を選択の上
申込いただければ、Paypal経由でご請求>決済と言う流れとなります。



過去にも弊社の製品はPaypal決済で海外からご注文をいただいた実績がございます。
Paypalが対応しているクレジットカードであれば
問題なく決済可能ですので
ぜひご検討ください。


尚、以下は余談ですが、
当講座ではオンライン講座を受講された方向けに
オプショナルでアロマ精油等の販売も行っています。


ただし、現在、航空法の規制により「液体」の空輸に
非常に厳しい規制が課せられております。




そのため、海外発送にも送料実費で対応可能ですが
非常にお時間がかかることが予想されます。




そのため、もし必要があって精油等をお求めは
現在お住まいの地域のお店を利用される事をお勧めします。









以上、いただきましたご質問への回答となります。
ご参考になれば幸いです。



今こうしてメールを書いている間にも
オンライン講座のお申込みをリアルタイムでいただいています。


「愛犬の日常ケアにマッサージとアロマを取り入れてみたい!」

「シニア犬の身体のケアや介護にマッサージを役立てたい!」


と言う飼い主さんにとって、「まずスタートを切っていただく」には
最適な講座内容だと自負しております。



是非ご検討くださいね!






●愛犬をアロママッサージしながら免疫力をUPして
 元気をサポートする方法:
http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&429m2



※販売期間は2013年7月30日より【1週間】限定。
※尚、先着30名になった時点で締め切らせていただきます。






今日はここまでです。



またメールさせていただきます。



ドッグホームケアセラピスト
諸橋直子



(終)




■追伸1:


犬の鍼灸治療はアメリカでも盛んで
そうした獣医さんが書いた「犬のためのツボマッサージ」の本が
日本語に翻訳されて日本でも発売されています。



その本の「監修」に当たられた、日本の「薬学博士」のタイトルを持つ
先生のお話が興味深かったので
紹介します。


その先生は獣医師ではなく、人間向けの「薬学」が専門の方ですが
柴犬とテリアの雑種の母娘を飼っていて
あるとき食事を変えたらとたんに白内障にかかってしまったとのこと。


そこでこの先生は、犬に漢方薬を飲ませ、鍼灸治療を行い
食事も元のスタイルに戻したところ
1年もしないうちに治ってしまったそうです。



こうした経験をペット雑誌で紹介したら
この先生は獣医師ではないのに、
犬猫、鳥までもがこの先生のところに持ち込まれてしまい
動物病院じゃないのに困るよ!ということになったのだとか。



ちなみにこの先生、個人的には鳥にもお灸をすえているとかで
鳥の足なんかをお灸で治しているそうです。



面白いですね。



今回のオンライン講座では「お灸」にまでは触れていませんが
犬にも実は「お灸」は可能です。



「お灸」はツボにすえるものなので
オンライン講座で「犬のツボ」の位置を学んでいただいてから
お灸も犬にしてあげるといいですね。




http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&429m4




犬の手作り食メールセミナーに登録する!
★犬の手作り食の基本についてわかりやすく解説した8日間の無料メールセミナーを配信しています!★今なら「犬の栄養学基礎知識e-book」を無料プレゼント!!→ご登録はこちらから!



Office Guri
18 : 54 : 58 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<犬がマッサージで気持ち良さそうな顔をしてくれない…~犬とマッサージQ&A(3) | ホーム | 犬のツボって探すの難しくないですか?~犬とマッサージQ&A(1) >>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dogaromanow.blog.fc2.com/tb.php/361-075da8ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。