スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
水だって飲みすぎたら中毒に~?では、塩分は?犬と塩分って実際のところどうなの?!~基本のおさらい(2)
2014 / 02 / 18 ( Tue )
○○さん、こんにちは。
Office Guriの諸橋直子です。

さて、先日から新しいテーマを取り上げています。








■犬と塩分って実際のところどうなの?!~基本のおさらい(1)
http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&394m2



----------------------------------------------------------

塩の話ですか!楽しみにしています。
そんなに塩は悪いわけではない、とは聞くものの、
なんとなく…あんまり安心しているわけではないので。


人間の塩分の摂り過ぎはよくない。


それと同じ、という程度に考えていいのかなあと思ったりしています。


(登武子さん)


----------------------------------------------------------




犬のNG食品に対する不安には色々程度があります。





「食べたら即死ぬ!というレベル」


なのか


「少々食べたところで特に問題の無いレベル」


なのか


「少々食べたところで多くのケースでは問題は無いが
 状況によっては食べ続けない方がいいレベル」


なのか。



基本の考えとして、


「どんな食べ物だって度をすぎれば何だって毒になりうる」


ということを、ぜひ覚えておいていただければと思います。






水中毒ってご存知ですか?




水だって、短時間に飲みすぎると腎臓の処理能力を超えて
低ナトリウム血症を起こします。



ただ、ここで大事なのは



「ええええ、水も毒!?じゃあ水もNG食品なのですか!?」



とは、多くの方は考えないですよね?ということです。




ビールの中ジョッキを1~2本飲みほしたところで
私たちは水中毒には、普通なりません。



つまり、ある程度までは身体の方でちゃんと処理してくれますし
その処理能力は私たちが考えているよりははるかに広いケースがほとんどです。




このメルマガでは繰り返しお伝えしていますが



●NG食品についての噂を聞いたら


●きゃ~!と鵜呑みにして慌てるのではなく


●一歩引いた冷静な態度で


●「何故」その食品が犬にとっていけないのか


●「どのくらいの量」を摂取すると危険なのか


●危険な症状は「どのような作用機構によって」もたらされるのか



を、客観的な視点で情報収集することが大切です。




では今回のテーマである「塩分」についてはどうなのか?



まず、本屋さんに行って手に取れる「一般書籍レベル」の中に
何かヒントが無いか?を考えています。




食品成分表をご存知でしょうか。









食品成分表2013【RCP】
http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&394m3



これは私たちが身近で口にする食品について
可食部100g中にどのくらいの量の栄養素が含まれているか?を
一覧表にしたデータ集です。




毎年微妙に改訂になりますが
私は2010年度版を購入し、そのまま今も使っています。




これで、「鶏ささみ」を調べてみると…。



●鶏ささみ(生)   
…ナトリウム40mg 食塩相当量0.1g (廃棄率5%)


というデータがあります。




試しに本屋に行ってこの本を探して
他の肉類、魚類を見てみてください。


多かれ少なかれ、「塩分」は味付けをしない肉や魚にも入っています。




つまり、特に味付けをしない手作りご飯を食べている犬や猫も
肉や魚を摂取している限り、微量ですが「塩分」は摂取しているわけです。




いかがでしょうか?




犬や猫は何万年も昔から、こうした肉、魚といった食品から
「適度な塩分」を摂取して生きてきました。



そもそも生き物には「適度な塩分」が生きていく上で不可欠です。




「なるほど~。塩分=犬の腎臓に負担をかける!と聞いていたので
 微量でも有害なものかと思っていました!

 そうではなくて…適度な塩分は必要だし、
 塩分そのものが”毒”というわけではないんですね?!」




はい、そのようにご理解いただければ結構です。




ではここで、○○さんに質問です。




「塩分そのものに罪が無いのはわかりました。
 でもどんなものでも”過度の摂取”はよくないんですよね?

 じゃあ、実際にはどのくらいの塩分を摂取すると
 犬の健康に具体的な影響が出るんでしょうか?」









この質問に「具合的な数字」をあげて答えらるようになれば



「塩分に対する不安、疑問、モヤモヤ…」



は、無くなります。



ぜひ考えてみてください。








本日は以上です。








ドッグホームケアセラピスト
諸橋直子




(終)



犬の手作り食メールセミナーに登録する!
★犬の手作り食の基本についてわかりやすく解説した8日間の無料メールセミナーを配信しています!★今なら「犬の栄養学基礎知識e-book」を無料プレゼント!!→ご登録はこちらから!



Office Guri
08 : 54 : 12 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<海水レベルの塩辛さの食事を犬に食べさせることってありますか?~犬と塩分って実際のところどうなの?!~基本のおさらい(3) | ホーム | 犬と塩分で実際のところどうなの?!を科学する!基本のおさらい(1)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dogaromanow.blog.fc2.com/tb.php/336-f75a5a98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。