スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
犬にお灸。犬のアロマ。犬の呼吸器ケアに有効なアロマとその成分。
2014 / 02 / 16 ( Sun )
○○さん、こんばんは。
少々ご無沙汰しておりました。
お元気でしたか?



Office Guriの諸橋直子です。






■犬にお灸
http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&390m1


完全に我が家はせんねん灸のファンです。
我が家の黒ラブぐりさんも
神妙な顔をお灸をエンジョイしております。



ここのところ、犬のお灸について
飼い主さんより直接お話を聞き、


●どのようなことが効果的だと感じるか?
●お灸をするにあたり、どのようなことが疑問か?
●お灸をするにあたり、どのようなことが不安か?


などのデータを少しずつ蓄積しているところです。




Faceookページでも犬のお灸についてアンケートを行ったところ
関心をお持ちの方が多いことがわかりました。



犬のお灸については近日教材としてまとめる予定ですので
興味のあるかたはぜひ楽しみにお待ちください。




そして、犬のアロマテラピーとリンパ+ツボマッサージセミナー
「基礎編」のオンライン販売をまもなく開始いたします。




これまで「犬のアロマについて学びたいが、なかなか会場まで足を運べない」
「犬の体調が不安定なので長時間家を空けられない」といった飼い主さんから


「自宅でインターネットを使って学べる方法があるとありがたい」



といったご要望を頂戴してきました。




そこで、私自身が開催しているセミナーを
ご自宅で学んでいただけるよう、オンライン動画で配信し
コンテンツとしてお役立ていただけるよう
準備を進めてきた次第です。



セミナー本編の編集はほぼ終わり、
あとは特典としてお付けする「モデル犬を使用したマッサージデモ動画」の撮影を残すのみです。




これは週末に撮影を行います。



学習に役立つ特典をたくさんご用意しての販売となりますので
ぜひ楽しみにお待ちくださいね。










さて、今日も引き続き「痰が絡むなどの犬の呼吸器トラブルケア」に
役立つアロマテラピー活用方法についてお話ししていきます。



メールをいただきました。


-------------------------------------------------------------------------



今晩は、毎日楽しみにPC開けてます。

10年以上前に、アロマテラピーに興味を持ち、
通信教育で、独学をすこーしだけいたしました。



でも、かなりさわりの部分だけだったので、
今回ご紹介のあったオイルの名前も全く初耳でした。


さっそくネットで調べてみて、購入したい!と思いまいたが
いやいや、待て待て、諸橋さんの次のメルマガで勉強してから、と思ってます。



犬の呼吸…ってことですが
わが息子のアレルギーによる喘息に効きそうだ、とかなり興味ありです。
ドイツのマリエン薬局から「鼻用アロマ」というのを取り寄せて使ったりしていましたが、
それと似たような感じなのかなー?って思ったりしてます。



-------------------------------------------------------------------------


登武子さん、ありがとうございます。



鼻アロマ・・・ずばりそのものの商品名ですね。
効きそうです。



私はことあるごとに、セミナーで、対面で直接アロマのご質問をいただく場面で
この本をご紹介しているのですが…。



↓   ↓

http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&390m2




この「医師がすすめるアロセテラピー」という書籍の中で


●アレルギーを撃退するアロマセラピー



という項目があります。




更に具体的な項目として


・花粉症
・気管支ぜんそく
・アトピー性皮膚炎


を取り上げています。




書籍の著者は人間の医師ですが
これらの疾患が「アレルギーとの関連が深い」と考えているんですね。





前回のメルマガで、私はアロマテラピー精油の中には


●去痰作用
●粘液溶解作用


を持つものがあるとお話ししました。




これはたとえば、鼻がぐずぐずする、痰がからんで咳が出る、
呼吸が苦しい、といったときに



「痰」
「粘液」



をスムーズに出しやすくする作用をさします。





痰も粘液もそれ自体は、悪いものではありません。




体の正しい免疫反応の結果、痰を出したり
多量の粘液を出すことで
体から雑菌やウィルスなどの異物を排除しよう!という働きです。



ただ、気道に粘液がたくさん分泌されると
それを更に外に排泄しようとして咳がでますし
呼吸が苦しくなることもあります。




体を守るための仕組みとはいえ、やっぱり本人は苦しい。





なので、薬などの力も借りつつ
アロマの



●去痰作用
●粘液溶解作用



をうまく利用して犬の体の自然治癒力を高めるお手伝いをする。



そんなイメージをお持ちいただければ幸いです。





私のお勧めは



●ユーカリラディアータ
●ニアウリ・シネオール




です。





何故この2つがお勧めなのか?




この2つの精油は「1,8-シネオール」という成分を多く含むからです。



「1,8-シネオール」は痰を出しやすくする「去痰作用」を持つことで知られています。



つまり、「痰」「粘液」自体は体の正常な反応ですが
その「痰」や「粘液」のために呼吸が苦しくなったり
咳が出たりしてつらい症状となるため



「その原因となる痰を出しやすくすることを助けることで
 つらい症状を和らげる手助けをする。

 そのことによって、生き物の自然治癒力によって体が回復するまでの期間を
 乗り切る」




という目的でこの精油が選択されるということです。




ちなみに、「1,8-シネオール」を含む精油は他にも多くありますが


●ユーカリラディアータ
●ニアウリ・シネオール



はケモタイプと呼ばれる種類の精油で
犬にも穏やかに作用することで知られています。




つまり、犬のためにより「穏やかで安全な精油」という選択を考えた場合に
この2種類がお勧めということです。




実は私自身、季節の変わり目のせいか
数日前から鼻がくずくずいっています。



かなり回復には向かっているのですが
朝・晩2回、ユーカリラディアータの精油を
ティッシュに落としてその香りを嗅ぐことでセルフケアをしています。



精油を吸入しているときは
鼻の奥まで「すー!」と清涼感のある香りが広がり
爽快な心地になれます。




殺菌効果もある精油ですので
炎症を起こすもとになっている雑菌対策にも・・・と期待を寄せている次第です。


こちらの2種の精油にラベンダー精油をプラスした
犬のための「呼吸器ケア」精油。














http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&390m3






本日は以上です。




ドッグホームケアセラピスト
諸橋直子




(終)





犬の手作り食メールセミナーに登録する!
★犬の手作り食の基本についてわかりやすく解説した8日間の無料メールセミナーを配信しています!★今なら「犬の栄養学基礎知識e-book」を無料プレゼント!!→ご登録はこちらから!



Office Guri
00 : 51 : 32 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<犬と塩分で実際のところどうなの?!を科学する!基本のおさらい(1) | ホーム | 「犬の呼吸が楽になったようです」アロマテラピーを犬の介護や呼吸器ケアに生かす(4)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dogaromanow.blog.fc2.com/tb.php/334-3dfc13a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。