スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
美味しくて身体にもいい「犬のための薬膳粥」レシピにご興味はおありですか?
2014 / 02 / 01 ( Sat )
○○さん、こんにちは。
Office Guriの諸橋直子です。


今日から数回に分けて
犬と薬膳のお話をしていこうと思います。







実際にご家庭で簡単に実践できる内容を中心にご紹介していくので



「何だか最近、どうも犬のごはんがまんねり気味で…」



という方は、体にも舌にも優しい、美味しい薬膳について
是非参考にされてください。







話は少し変わりますが
私自身、薬膳ダイエットをここ1か月ほど実践していたのですが
今日できっちり2kg痩せました。



「大阪セミナー会場で、薬膳で痩せましたよ!って言ったら
 受講者の皆さんにウケるのでは?」


という軽~いノリではじめたダイエットです。




おかげで犬まで付き合わされて
せっせと薬膳粥だのハトムギだのを食べさせられていたわけですが。



→ http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&368m1



まあ、我が家のぐりさんも喜んで食べてくれたので
いいや、ということで…。





ダイエットの基本は



摂取カロリー<消費カロリー



です。





大事なのでもう1回書きますが、



摂取カロリー<消費カロリー



です。



この当たり前の原則ですが
実際には、なかなかうまくいかない。



私も空腹を我慢するのは嫌いですし
何より仕事にならないので、「食べないダイエット」は向きません。




ではなぜ、痩せられたか?




その理由は、こんな感じです。



「薬膳粥を美味しく食べまくっていたら、何だか胃腸の調子が良くなり…。


 以前ほど食事を多く取らなくても身体が満足し…。


 自然と食べ過ぎないようになり…。


 自然と酒量も減り…。


 結果としておやつなども食べているが、痩せて来た」







…。







薬膳のある考え方の中には



●薬膳でいうところの「脾」=消化吸収機能



を最も重要だと考える説があります。




生き物は食物から摂取したエネルギーで動いていますから
この消化吸収機能がうまく働かないと
当然、食べたものをきちんと「栄養」として活用できない。



だから「消化吸収機能」を大切にしましょうね、と言う風に考えます。



また、このような考え方もあります。




「胃や腸などの健康が損なわれると、胃が馬鹿になって
 食べても食べても満足感が得られない。
 
 結果として食べてはいるんだけれど
 それは本当に身体が欲しているわけではなく
 胃が馬鹿になって適量が分からなくなっているだけ」





確かに、私も胃の調子がおかしい時に限って
ケーキを気が付いたら3個平らげていた…なんて言うことがあります。




それが不思議なことに、胃腸の調子が整うと


「1個食べたらお腹いっぱい!もう満足~」


と自然に止められるようになる。





私はダイエット目的で「薬膳粥」を集中して食べるようにしていたのですが
そうするうちに、気が付くとおやつの量が減り、
お酒の量が減り…食事全体の量が減りました。





そして面白いことに
疲労感が減り、朝からアクティブに活動できるようになりました。





消化吸収に対して、体は結構なエネルギーを使うという説があります。






それが証拠に、病気の時は病気の回復に身体がエネルギーを優先させるので
消化吸収にかけるエネルギーをセーブするために
食欲が無くなる、という考えもあるくらいです。








なるほど。






確かに私も、お粥中心の食事に変えたところ
胃がもたれなくなり、
疲れも取れやすくなり、
気持ちもシャッキリして仕事もばんばん出来るようになりました。






しかも、薬膳粥は美味しいのです。





薬膳粥というと「何だか薬くさい、まっず~い食べ物では?」というイメージを
持たれがちですが…。






例えば、骨付き鶏もも肉に薬膳食材の「ナツメ」を入れた
サムゲタン風薬膳粥は
家族全員に大好評でした。






もちろん我が家のぐりさんもこの薬膳粥を食べましたが
骨付き肉からしみ出る出汁が最高に美味しかったのか
いつまでも器を熱心に舐め続けていました。



また、薬膳粥の中には「もち米」や「ごま油」を使った
風味豊かな中華粥もあります。




それに「山薬」という生薬名でも知られる「やまのいも」をプラスして煮込むだけで
ホクホク美味しい「山薬粥」のできあがり。



「山薬」には消化器全般の働きを助け、
滋養強壮作用もあるとされていますから



「胃腸をちょっと休めたい」



という場合に最適です。








いかかでしょうか?







「へ~、薬膳粥って面白そう!」

「しかも山の芋とか、身近な食材もOKなんだ!」

「その上、美味しいの?飼い主も食べられるんでしょう?
 いいな~!!」





もし○○さんがそのようにお感じになったのであれば
ぜひ次号配信のこのメールマガジンを楽しみにお待ちください。




美味しい薬膳粥レシピと
その薬膳粥が犬にどう良いのか?について
具体的にお話しさせていただきますね。








ドッグホームケアセラピスト
諸橋直子




(終)


犬の手作り食メールセミナーに登録する!
★犬の手作り食の基本についてわかりやすく解説した8日間の無料メールセミナーを配信しています!★今なら「犬の栄養学基礎知識e-book」を無料プレゼント!!→ご登録はこちらから!



Office Guri
10 : 13 : 29 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<犬だって薬膳(2)大根で薬膳?西瓜でもキュウリでも薬膳になるの? | ホーム | 手作りの楽しさを知って、ますますやる気になりました!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dogaromanow.blog.fc2.com/tb.php/321-3013fce5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。