スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
蚊が犬に引き起こす、もうひとつの厄介な疾患~アロマテラピーを犬の虫よけに活かす(4)
2013 / 12 / 28 ( Sat )
こんにちは。
Office Guriの諸橋直子です。

さて、今日も引き続き「蚊」が犬に対してもたらす
デメリットについてお話ししていきますね。



前回の記事はこちらから。



■フィラリア薬についての良くある誤解
 ~アロマテラピーを犬の虫よけに活かす(3)
http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&361m2



この記事について、早速メールをいただきましたので
ご紹介します。



----------------------------------------------------------------


こんにちわ
いつも楽しく読ませていただいてます。
とても勉強になります。



フィラリアの薬は予防薬だと思ってました。。。
フィラリアを飲ませていれば、ハーブの虫除けスプレーは必要ないのかと・・・。
違いましたね!今年は併用して、蚊を極力寄せ付けないようにしたいです。



ところで、かかりつけの動物病院では、
フィラリアの予防注射もあります。
春に注射すると1年間有効というもので、
次の年の血液検査は必要ないとのことです。
毎月飲む薬とどちらがいいのか、迷ってます。

(M.Iさん)

----------------------------------------------------------------


今は注射のタイプと服用タイプ、
選べますよ!という獣医さんも増えてきていますね。



注射も「駆虫剤」であることに変わりはありません。



メリットとしては1年間有効なので
飼い主さんの「うっかり投薬忘れ」などの心配が無いこと。



デメリットとしては、アナフィラキシーショックなどの
副作用の報告が目立つこと。



ただし、すべての薬剤…もっというと口にする食材全般等についても
このようなリスクはあるわけですから
その点は、リスクも知った上で獣医師に詳しい説明を求め
判断されるとよいのではないでしょうか。



私自身は注射タイプを使用したことがないので
もしこのメールをお読みの読者さんの中で



「注射タイプを使用したことがありますよ!」



という体験談をお持ちの方がいらっしゃれば
メールでお知らせいただけるとありがたいです。



→ http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&361m3





さて、ここからはいよいよ今日のテーマを深堀りしていきます。



前回のメールで、私はこのようにお話しさせていただきました。





>「蚊」に噛まれるということには「フィラリアに感染」以外にも
>実はもう一つ別の「デメリット」があることを
>ご存知でしょうか?



>「え!フィラリア症に感染するリスク以外にもまだ
> 何か怖いことがあるんですか~???」



>はい、まだ数はさほど多くないのですが
>年々「蚊に噛まれることがきっかけ」で増えてきている厄介な疾患があります。



>その疾患とは…。




この「疾患」についてお話をしていきます。


その疾患とはズバリ
「昆虫アレルギーによるアレルギー性皮膚炎」です。





まだ数はさほど多くないのですが
「蚊」が犬を噛む際に唾液を注入されて
アレルギー反応が起こるとされる皮膚炎が少しづつ増えてきています。



皮膚の痒みは犬にとっても多大なストレスになります。



私自身、昨年の夏はうっかり虫よけ無しで秋の涼しい庭で
冷たい日本酒を飲んでいたら…気がつかないうちに蚊に足を噛まれてしまいました。



しかも、いつもは多少赤くなる程度で済むところを
何故かその時は半径7cm以上に渡って皮膚がじんじんと熱を持ち、
ぶっくりと赤く腫れ
しかも水ぶくれまで出来てしまい大変つらかったのを今でも覚えています。



残念なことに茶色く「痕」も残ってしまいました。



たかが昆虫…と、あなどっていると痛い目にあうのだな!というのを
身を持って実感した出来事でもあります。




犬の場合も同様に、皮膚が赤くはれる、痒がって掻くので
皮膚を掻き壊してしまい、
治癒した場合でも黒く皮膚に跡が残ってしまう…という事例もあります。




…いかがでしょうか?




蚊=フィラリア、というイメージが強いため



「フィラリアの投薬さえしていれば安心なんだな」



という風に考えがちな人は多いです。




一方で、フィラリア投薬で防げるのは「フィラリア症」だけであり…



●蚊に噛まれて痒い、腫れて痛い
●噛まれるだけでアレルギー皮膚炎を発症するケースもある



ということについては、なかなか意識が行かない場合が多いです。




私たちは既に、「蚊」がもたらす様々なデメリットについて
このメールマガジンで知識を共有しています。



なので、冒頭でご紹介したM.Iさんのメールにも
あったとおり、



>蚊を極力寄せ付けないようにしたいです。



このような考え方で予防策を講じることで
犬も飼い主さんも、快適で楽しい春夏を過ごせるのではないかと
私は考えています。








そこで私がお勧めなのは「アロマテラピーを使った虫よけ対策」です。




何故、私がアロマの虫よけをお勧めするか?という理由を
ここでお話しします。





アロマの精油成分で「虫よけ=ダニや昆虫の忌避効果」のあるものは
もともと植物自身が



「自分を守るために」



作りだしたものです。



そのため、特定の虫を寄せ付けない効果はあっても
その成分が植物自身を害するほど強力であっては困るので



「適量を守ることで、生体にやさしく作用する」



という特徴があります。








さらに言うと、虫よけ効果のある精油の多くが



「私たち飼い主や犬にとって心地よい」



と感じられる香りを持ちます。





例えば、「蚊避け対策と言えばレモンユーカリ」というくらい有名な
レモンユーカリというアロマテラピー精油があります。



とてもさわやかな、レモンの香りがします。



私自身も大変好きで、
犬用の石鹸にも入れたりしますし
夏場は虫よけも兼ねてディフューザーで焚いたりもします。






でも、原料となる植物はレモンじゃない。







ユーカリというとコアラが食べるこの葉っぱを連想しますが…。

→ http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&361m4



まさにこの葉っぱの仲間で、
何故か「レモンのような香り」を持つユーカリが存在するのが
植物の面白いところです。



さらに「クールミントガム」でおなじみの「ペパーミント」の香りは
昆虫全般に嫌われているとされており
夏場には多くのアロマテラピー専門家が
こぞって虫よけに使用しています。



私たち人間にとっては爽やかな香りですが、
昆虫はこの香りが嫌い。



犬にとっては、昂ぶった気持ちをクールダウンする際にも役立つ香りです。
でも、昆虫はこの香りが嫌い。



そこで「ペパーミントとレモンユーカリをブレンド」というようなことも
よくやります。




こんな風に「犬と飼い主はいい香り~と楽しみながら」虫よけ対策ができるのも
私がアロマテラピーによる虫よけをお勧めする理由です。







「どの虫にどのアロマが有効ですか?」

「アロマで虫よけをする場合は、精油をどうやって使ったらいいのでしょうか?」



そんなご質問も最近いただきます。






また、



「アロマテラピーについて興味はあるし虫よけもやってあげたいのですが
 近くに売っているお店がありません…。

 諸橋さんのところで販売はされないのでしょうか?」



といったお問い合わせも多数頂戴しています。





そこで…。







●虫よけに使えるアロマテラピー精油

●その使い方


について、次号のメールでさらにお話ししていこうと思うので
どうぞ楽しみにお待ちください。




本日は以上です。
よい週末をお過ごしください。




ドッグホームケアセラピスト
諸橋直子



犬の手作り食メールセミナーに登録する!
★犬の手作り食の基本についてわかりやすく解説した8日間の無料メールセミナーを配信しています!★今なら「犬の栄養学基礎知識e-book」を無料プレゼント!!→ご登録はこちらから!



Office Guri
00 : 26 : 24 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<愛犬をダニや蚊から守るために飼い主さんが出来ること~アロマテラピーを犬の虫よけに活かす(5) | ホーム | フィラリア薬についての良くある誤解~アロマテラピーを犬の虫よけに活かす(3)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dogaromanow.blog.fc2.com/tb.php/315-b1f55039
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。