スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
デトックスを間接的にサポートする「苦味」ある食材って!?~犬と薬膳?春のデトックス(7)
2013 / 11 / 27 ( Wed )
こんにちは。
Office Guriの諸橋直子です。

さて、ここからは「犬と薬膳~春のデトックス」シリーズの続きです。
本日でこのテーマは最終回となります。



前回の記事はこちら。


↓   ↓



●犬と薬膳?春のデトックス(6)~わたしも犬達も菜の花はよく食べてます!!
http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&349m2




今日はこのシリーズのまとめです。



春の薬膳的食べ方としては



・デトックスの季節なので「肝」をサポートする「酸味」
・「肝」の働きが行きすぎると影響を受ける「脾」のケア
・「脾」のケアには「心」のケアが重要で、「苦味」を取り入れるところがポイント


となります。




薬膳の考え方で「苦味」に分類されているのは
以下のような食材です。


・にがうり
・オクラ
・レタス



などです。



春野菜の「アスパラ」なども「苦味」に分類されます。



復習になりますが、薬膳でいうところの「味」は「薬効を表す分類」です。


そのため、実際に舌で感じる味と薬効とが一致しないケースがあることは
以前このメルマガでも述べました。



にがうりは「分かりやすい苦い食べ物」ですが
アスパラは「どっちかっていうと甘みが強いよね?」という印象を持たれる方もいると思います。




これは、アスパラは確かに食べたときに甘みが強いけれど
「苦味」の薬効である
「排泄作用や余分な身体の水分を取り除く作用」があると考えられているからです。



この違いを正しく理解しておくことが、薬膳を犬の食生活や
飼い主さん自身の食事に活かす、
ポイントとなります。



今回は「春」がテーマでしたが
薬膳ではそれぞれの季節ごとに


「どのような食事が健康サポートに役立つか」
「そのために、どんなものを食べたらいいか」


という知恵があります。



興味のある方は是非、ご自身で書籍などで調べてみてくださいね。



このセミナーでは、このあたりのお話も
詳しくさせていただきます。



【ペットのための東洋医学基礎講座 3/17(日)札幌市中央区開講】
お申込みと詳細のご確認はこちらから!

↓   ↓

(募集は〆切りました)






ドッグホームケアセラピスト
諸橋直子



(終)







犬の手作り食メールセミナーに登録する!
★犬の手作り食の基本についてわかりやすく解説した8日間の無料メールセミナーを配信しています!★今なら「犬の栄養学基礎知識e-book」を無料プレゼント!!→ご登録はこちらから!



Office Guri
22 : 56 : 41 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<春の誤食事故注意報!水仙の致死量は人間で10g、では体の小さな犬は? | ホーム | わたしも犬達も菜の花はよく食べてます!!~犬と薬膳?春のデトックス(6)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dogaromanow.blog.fc2.com/tb.php/304-025048ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。