スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
わたしも犬達も菜の花はよく食べてます!!~犬と薬膳?春のデトックス(6)
2013 / 11 / 02 ( Sat )
こんにちは。
Office Guriの諸橋直子です。

メールを1通ご紹介させていただきますね。




------------------------------------------------------------



はじめまして、こんばんは^^
いつも楽しくメルマガ読ませて頂いてます。


初めてメッセージ送らせて頂きます。
私も平成22年8月に第一子出産して
諸橋さんと同じ年齢の息子がいます^^


去年次男も誕生して毎日バタバタで昼間はゆっくり
メルマガ拝見できませんが、寝かしつけた後楽しませて
頂いております。



うちには現在6歳になったアメリカンコッカーの男の子
と一緒に暮らしてますが1歳の時に両目白内障になり
その後4歳で左目が緑内障になり網膜剥離を起こして
義眼手術をしました。



現在は元気にしていますが、残っている右目も緑内障に
なる可能性は大だと思ってます。
できるだけ長い間たくさん色んな物を見せてあげたい、
私たち家族と目を合わし、日々暮らしたい。
と言うのが一番の願いです。



食事とマッサージなどで快適に暮らして欲しいので
とっても参考にさせて頂いております。




私自身もワンコ関係の仕事ができれば。。。
と思い、本業は建築なので愛犬家住宅コーディネーター
と言う資格を取得して快適な住まいの促進に励んでおりますので、
お客様にも諸橋さんの事お話させて頂いております。



5月に大阪でセミナー開催して頂けるとのことで、日程が
合う様であれば是非参加させて頂こうと思っております。



長々とすみませんが、これからも楽しみにしておりますので!!
どうぞよろしくお願い致します。



------------------------------------------------------------



夛田 晴美さんよりいただきました。
夛田さん、ありがとうございます。



最近は愛犬家住宅コーディネーターの方が
設計段階から犬が快適に暮らすための住宅作りのために
様々な場面で活躍されていますね。



完全に余談ですが、我が家も一昨年に中古住宅を購入して
簡単なリフォームをして住んでいますが
決め手は



「前のオーナーも犬を3匹飼っていたから」



です。




庭にもはじめからウッドフェンスが巡らせてあり
完全に犬仕様でしたし、フローリングにも細かな傷、大きな傷、色々ありましたが
どうせ大型犬と子供でひっかきまわして遊んで傷をつけるのだから、と
簡単な補修のみでそのまま使っています。




一番の傑作は、二階へ続く階段をの端を
前オーナーの犬が齧ってガタガタにしていたことで
これは「適当に削って馴らしておいてください」とお願いしたところ
きれいにまるく削って手直しされていました(笑)






ちなみに大阪のセミナーですが…。




「ペットのための東洋医学基礎子座」がトップ。


栄養バランスについての不安を無くす
「犬の食事作りのための栄養学をがっちり学ぶ基礎講座」が次点。



折角なので2日間かけて2つの講座を2日間に分けて開講しようか?という感じで
現在進んでおります。




こちらも詳細がまた決まり次第、お知らせさせてただきます。








さて、ここからは「犬の薬膳」についてのお話の続きです。


前回のメルマガ記事はこちら。


●犬と薬膳?春のデトックス(5)~今日は動画セミナーでお届けします!
「消化器全般のケアを薬膳ではどうするの?」
http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&347m2




前回は動画セミナーという形でお届けしました。
たくさんの方にご試聴いただきありがとうございます。



動画セミナーで話した内容を簡単にまとめると



「春はデトックスの季節なので”肝”が大忙し。
 でも”肝”がオーバーワークになるととばっちりを受ける場所がある。

 その場所は”脾”なんだけれども
 こういう場合は直接”脾”をケアするのではなく
 ”脾”のお母さんに当たる”心”をサポートすることで、間接的に”脾”をケアすることになる」



ということになります。





「むう、漢字が多くて何だかわからないのですが…」




はい、じゃあ現代語訳してお話ししましょうか。




「春はデトックスの季節で、冬場に溜めこんだものをせっせと外に出そうとする。
 そのため、肝臓の”解毒”機能(肝)がフル回転する。


 一方で、その”解毒機能”がオーバーワーク気味になると
 消化・吸収機能全般(脾)がとばっちりを受ける。


 その消化・吸収機能機能をケアするには、その機能を支えている
 循環器系(心)をサポートすることが大事である」



こんな感じでしょうか。




これらはすべて薬膳のベースになっている東洋医学独特の考え方です。



つまり…。







臓器も、それぞれの機能も、決して単独で動いているわけでは無く
お互いに影響し合ってバランスを取って成り立っている




ということです。





それを表すのが、前回ご紹介したこの図になるわけです。

↓   ↓

http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&347m3




ここまではOKでしょうか?





では、今日の重要ポイントに入っていきましょう。



前回動画セミナーの中で私は



「では、”心”をサポートするには
 どのような食材をチョイスしたら良いと思いますか?

 ヒントは”春”。

 春に出はじめる山菜にはちょっと独特なある味がありますよね。
 それってどんな味だと思いますか?」



という問いかけをさせていただきました。




これに対してもご回答をお寄せいただいてるので
紹介しますね。



------------------------------------------------------------

こんにちは。

毎回、本当に楽しく学ばせて頂いています。

春先に出回る野菜は少し苦みのあるものが多いですよね。
なので、今日のクイズの答えは『苦』苦みですね!

わたしも犬達も菜の花はよく食べてます。
毎日、美味しそうに食べてくれるので作り甲斐がありますね(*^o^*)


------------------------------------------------------------


古川 孝子さんよりいただきました。
古川さん、いつもありがとうございます。




そして肝心の答えですが…。


↓    ↓

http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&347m4



はい!この図を見ていただくとわかるように
答えは「苦」です。




苦みのあるものを食べる!が正解になります。




では、



「薬膳で言うところの”苦”に分類される食材ってどんなものがあるの?」



についてですが
これは長くなったので次回に続きます。





ドッグホームケアセラピスト
諸橋直子



(終)





犬の手作り食メールセミナーに登録する!
★犬の手作り食の基本についてわかりやすく解説した8日間の無料メールセミナーを配信しています!★今なら「犬の栄養学基礎知識e-book」を無料プレゼント!!→ご登録はこちらから!



Office Guri
07 : 09 : 18 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<デトックスを間接的にサポートする「苦味」ある食材って!?~犬と薬膳?春のデトックス(7) | ホーム | 今日は動画セミナーでお届けします!「消化器全般のケアを薬膳ではどうするの?」~犬と薬膳?春のデトックス(5)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dogaromanow.blog.fc2.com/tb.php/303-8ddc3fe3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。