スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
不安でしたが、安心しました。良かった!!続けます。~犬と薬膳?春のデトックス(2)
2013 / 10 / 29 ( Tue )
こんにちは。
Office Guriの諸橋直子です。


今日は朝からプーアル茶を淹れて飲んでおります。
雲南省で買ったでっかい円盤みたいな雲南七子餅茶ですが
がりがりナイフで削って使います。

↓   ↓

http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&340m1


ワイルドだ…。



さて、昨日から犬の薬膳のお話をしています。

●犬と薬膳~春のデトックス(1)
http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&340m2




「我が家では生姜を使うことも多いですよ」というお話をしたところ
早速こんなメールをいただきました。


>諸橋さん、こんにちは。
>愛犬エリーにドッグフードではなく手作りを続けている「エリーママ」です。


>今日の「しょうが」のお話、本当に安心しました。
>というのは。エリーのご飯を作るときにはいつもしょうが2切れを入れています。
>基本具沢山おじやですので、材料を煮るときにはいつも2切れのしょうがを入れています。
>食べるときには、除きますが。


>春夏秋冬入れていますが、いいのかな?
>冬だけなのかな?とか不安でしたが、安心しました。良かった!!


>続けます。特にエリーも嫌がらないので安心です。



エリーママさん、いつもありがとうございます。




煮る時に生姜を加える、という方法は薬膳の視点からみても
十分効果があります。



「煎じる」


という言葉をお聞きになったことはあるでしょうか?



よく「煎じ薬」といういい方をしますが
東洋医学のベースになっている「中国医学(以下、中医学)」では
様々な生薬を「煎じて」薬を作り、飲み薬として活用してきました。




これは、薬効成分を「煮だす」という考え方で
「スープ」に共通するものがあります。



私は料理研究家:辰巳芳子さんのこの本が大好きですが

↓   ↓

http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&340m3



この本の中にも


「食欲の無い人こそスープを。

 野菜や肉、魚の滋味あふれる栄養分を煮だしたスープは
 幼児にも、食欲が無い病気の人にも”命を養う”大切な飲み物として
 もっと供されるべき」


という趣旨のことが書かれています。



私は個人的に、この考え方も「薬膳」で言うところの
「煎じる、煮出す」と通じるものがあると感じています。



もちろん、中医学の「薬を煎じる」にも、です。



お粥を炊く際にも一切れの生姜を一緒に入れるだけで
お粥全体に生姜の香りがふんわり広がり
とてもおいしい「生姜粥」になります。




香り=芳香成分、ですから
これって薬理作用をもつ「有機化合物」なんですね。



つまり、お粥全体から生姜の香りがしているということは
薬効成分も全体に行きわたっている、ということ。




そういう意味で「一緒に煮る」というのはお勧めの方法です。



なのでエリーママさん、
是非今後もおいしい「生姜の香りのおじや」を食べさせてあげてください。



(「煎じる」はかなり好きなジャンルなので
つい熱く語ってしまいました)






さて、ここから本題。
(前置き長!って言う突っ込みは無しで)



薬膳の世界では「季節によってこういうものを食べた方が良い」というのが
ある程度、理論としてまとめられているというお話を
昨日させていただきました。



例えば春。


薬膳的に考えると



「春は今まで溜めこんできたものが
 外に出てくる季節なので、デトックスの季節である」


「また、冬の寒さでこもりがちだったエネルギーが
 外へ外へとあふれだし、成長の季節でもある」



「だから●●を食べたて××をサポートしよう!」

「そして、△△を食べて、エネルギーの発散を助けよう!」




という風になります。




「もー、諸橋さん!●●とか××とかもったいぶらないで
 さっさと教えてくださいよ!」



そんなお声も聞こえてきそうですが
ここは折角なので頭のエクササイズのつもりで
ちょっと○○さんご自身でも考えてみてください。



ヒント:臓器の中で「解毒」担当はどこ?





これが「春の薬膳」を考える上で重要なポイントになります。



答えがわかった方は、メールフォームよりお知らせくださいね。

→ (メールはリアルタイムでメルマガをご購読中の読者様のみお送りいただけます)


次号に続きます。




ドッグホームケアセラピスト
諸橋直子




(終)





犬の手作り食メールセミナーに登録する!
★犬の手作り食の基本についてわかりやすく解説した8日間の無料メールセミナーを配信しています!★今なら「犬の栄養学基礎知識e-book」を無料プレゼント!!→ご登録はこちらから!



Office Guri
09 : 04 : 05 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<なんでもきれいに平らげてくれるので、気持ちいいです。~犬と薬膳?春のデトックス(3) | ホーム | 犬と薬膳?春のデトックス(1)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dogaromanow.blog.fc2.com/tb.php/299-ffcc934c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。