スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
栄養バランスの崩し方~犬の栄養バランス(3)
2013 / 10 / 23 ( Wed )
こんにちは。
Office Guriの諸橋直子です。



前回のメルマガ配信から少し間がありましたが
お元気でしたか。


私は1/27に無事「ペットのための東洋医学基礎講座」を終了。
その後、東京都の八王子というところで
「ペット食育上級指導士」養成講座を2日間再受講して帰ってきました。



養成講座って言っても、前回受けたときと
内容が全然変わっていましたが(笑)



講座の内容が常に最新情報にアップデートされるので
そういう風になる次第でして
あと、参加者の皆さんもベテランの域の方ばかり。



なので「このレベルの話は最低限分かってますよね?」
という前提で話がどんどん進んでいきます。



いやー、面白い。



で、そこで「犬の食事の栄養バランスはそう簡単には崩れないんだよーん」というのを
最新の論文の引用や実際に消化器がどのように動くか?などの動画も交えて
みっちりみちみち再確認+学習してきました。



なので、このメルマガで私が「そう簡単に栄養バランスというのは崩れませんよ」というのは
それなりのデータと客観的事実をもとに言ってるものだと思ってください。



このあたりのことは明後日札幌で開講する「ペット食育入門講座」でも
お話ししてこようと思います。






さて、ここから本題。



「犬の栄養バランスが崩れるのでは?」



という心配をもうちょっと掘り下げて



「じゃあ、栄養バランスが崩れると具体的にどういうことが起こるんでしょうか?」



というお話を突っ込んでしていこうと思います。




と、その前に…。




良くある質問で、現在犬に食べさせているメニューを具体的に提示しながら



「先生、このメニューで栄養バランスは大丈夫でしょうか!?
 何か足したり、逆に止めた方がいいものがあればアドバイスください!」



といわれることがあります。



その場合、私はメニュー内容ももちろん拝見しますが
必ずこのようにお聞きします。




「このメニューでもうどのくらいやってらっしゃいますか?」



この食事に変えてからの期間、どのくらいですか?ということです。



「2カ月です!」





もしこのような返事が返ってきたら、私はこのようにお聞きします。



「で、何か不具合は出てますか?」


「いいえ」


「じゃあこのままで大丈夫なんじゃないでしょうか」




アドバイス、終わり。



「ええええ。何かそれって適当すぎません??」




多分そう思ってる方も多いと思うので(笑)
もうちょっと詳しく突っ込んでお話をします。




2カ月で不具合出てないなら、「栄養バランス」という視点で考えた場合
まあ大丈夫では?というのには根拠があります。




たとえば…。



「○○という栄養素が足りなくなると欠乏症になる!」と言われます。



それが心配で色々な食材を入れてバランスを取るようにしています!というお話も
良く耳にします。



じゃあ、その「欠乏症」というのは「何がどのくらい不足するとアウトか」が
実際にある程度分かっているわけですが、
その「ある程度分かる」ために何をしていると思いますか?





はい、動物での実験がおこなわれています。



で、実験ですから「日常生活では通常ありえない極端な状況」を作り出すことも可能です。



例えば、特定のビタミンだけを完全に「0(ゼロ)」にした飼料を実験動物に与えて
どういう風に体の変化が起こるかをチェックする、などですね。







大事なので、繰り返し言いますがこれは「日常生活では通常ありえない極端な状況」。





逆を言うと、私たちの場合は犬も人間も「よっぽどの偏食」をしない限りは
この「実験」のような、何か特定の栄養素が完全に欠乏した食事にはなりません。




色々と口にしていれば、何とかなる。




ここで話を「実験」に戻しましょう。




ある特定の栄養素のみを抜いて、動物に食べさせるとう実験をした場合に
おおむねどのくらいの期間で「不具合」や「不調」が現れると
○○さんは思いますか?



そして、その不調が現れた場合、不足している栄養素を与えると
どの程度の期間で回復すると思いますか?





…。




ここを知ることで「そうか、だったら栄養バランスってそう簡単には崩れないかも!」と
心の底から納得できるようになるはずです。




長くなりましたので、次号に続きます。





本日は以上です。


ドッグホームケアセラピスト
諸橋直子









(終)





犬の手作り食メールセミナーに登録する!
★犬の手作り食の基本についてわかりやすく解説した8日間の無料メールセミナーを配信しています!★今なら「犬の栄養学基礎知識e-book」を無料プレゼント!!→ご登録はこちらから!



Office Guri
08 : 06 : 27 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<犬の栄養バランス(4) | ホーム | ティーツリーうがいの話&犬の栄養バランス(2)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dogaromanow.blog.fc2.com/tb.php/293-fae695b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。