スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
お便り特集と犬の肝臓ケア。
2013 / 03 / 22 ( Fri )
おはようございます。
Office Guriの諸橋直子です。

メールいただきましたー。




-------------------------------------------------------------




こんばんは、諸橋様

この度テーマに選んでいただいた原田です。
私の大変長い文章にお付き合いいただいた上に、
解きほぐして頂けてとても感謝しています。
どうもありがとうございます!



今まで愛犬の体調を見ては心配になったことを自分なりに色々調べてきました。
ですが質問の文章はおそらく、
少し分かってきた部分、
余計に分からなくなった部分、
それがごちゃまぜになっている文章だと思います(苦笑)
そんな自分が少し恥ずかしいですが、
分かっていないことを一歩踏み込んで知れる機会はなかなか無いので、それ以上に嬉しく思っています。
メッセージを送って良かったです。



とても興味深く読ませていただきました。
もう一回読みました。
すいません、まだ頭が整理できていません(笑)
あと数回読んでみたいと思います。
分かりやすく書いて頂いているということはすごい分かるのに、
なぜ分からない。。
と今はモヤモヤしていますが、何度か読んでスッキリする瞬間が来る気がします。
なので、まだ分かっていないけど楽しい気持ちです!



タンパク質を分解する消化酵素は熱や酸に弱い。
ってどこかで聞いたことばかり単純に心配していましたが、
実はもーっと奥が深い~ そして知りたいです!!




私は初心者で、新しく入ってくる情報で今は頭がいっぱいになってますが
少しずつでも情報が上手く繋がるように(栄養学って色んなことが繋がっていると思うのです)していきたいと思います。

マニアックで面白かったです。
続きも楽しみにしています!

札幌市の2ボストンの飼い主 原田博栄


-------------------------------------------------------------


原田さん、ありがとうございます。



過去記事:原田さんのワンちゃんの食事の悩み:

●手作り食を獣医さんに反対され、私はとてもショックでした。
http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&276m1


●犬の「消化」について今日はマニアック過ぎる解説。
http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&276m2





原田さんとはセミナーでも直接お会いして
「酵素」についてはお話しさせていただきました。







>分かりやすく書いて頂いているということはすごい分かるのに、
>なぜ分からない。。
>と今はモヤモヤしていますが、何度か読んでスッキリする瞬間が来る気がします。
>なので、まだ分かっていないけど楽しい気持ちです!




情報って積み重ねだと、ごく個人的に考えています。



私も自分自身のために色々な本を読んだり、
DVDでセミナーを視聴したりする機会が多いのですが
1年前にみたDVDを改めて見直すと、「え、こんなこと言ってたっけ??」と
新しい発見がたくさんあります。




DVD内で言われていることは当たり前なんですが
1年間に見た内容とまったく一緒です。




ただ、自分の側にその情報をキャッチして
取り込むだけの準備ができていなかった。






そういうことだと私は理解しています。




話は少しわき道にそれますが
よく、「どうやったら勉強ができるようになるのか?」という話があります。




いろいろなことが言われていますが、



「必要があって(迫られて)自ら解決方法を探しに行くときが
 もっとも学習効率が良い」



というデータもあります。




原田さんの場合は、ご自身のワンちゃんの食事について


「消化を良くするためにはどうしたら良いのだろう?」


ということを、ご自身で解決しようとして自ら情報を取りに行く、という
状況に今いらっしゃいます。



そういう状態でメルマガをお読みいただいたり、セミナーにご参加いただいているので




「自分が必要としている情報、テーマ」




にそって、様々な知識が体系付けられている真っ最中…というところではないか、と
メールを拝見して感じております。





ご自身のわんちゃんの食事や健康と向き合われながら
それに必要な情報に繰り返し触れていただくことにより、
知識は確実に原田さんの中に定着していくことと思います。



そして「あ、そうか!」と腑に落ちる瞬間、というものが
必ずやってきますので
ぜひ今後もご自身に必要な情報を集めていってくださいね。



また何かありましたらいつでもメールくださいね。
わんちゃんのその後の様子なども、またお聞かせいただけると嬉しいです。







このメールマガジンでは色々なテーマで食事に関する記事をお届けしていますが
流し読みしていただくだけでも
「知識」として○○さんの中に情報が蓄積されていきます。




それがいつか…必要なときに芽を出して、
お役立てるようにと願いながら
このメールを私も毎回書いている次第です。





あ、あとですね
「こういうことが知りたい」という意思表示をしていただくことで
このメルマガではより○○さんが知りたいという情報をお届けすることが可能です。










お便り特集で、今日はもう1通ご紹介しますー。



-------------------------------------------------------------





諸橋さん 先日は入門講座&マッサージセミナー、ありがとうございました♪
とても充実した一日となりました!
帰ってから愛犬あられにご褒美のマッサージ^^
うっとりと身をまかせて受けてくれました。
これからもコミュニケーションを取っていきます♪



メルマガを拝見していて「肝臓値の質問」について触れられていて・・・
諸橋さんの質問にちゃんと答えられてなかったかも・・・と思い、
補足させていただきます。



1歳のバースデー検診時からALT値が高いと言われてました。
特に原因が分からず、半年に一度、血液検査を受け続けていて、
前回5月の検査ではALT→157、T-Cho→239と若干、高め。
獣医には「生まれつきの体質」と言われました。
何分、食いつきの悪い犬で、その事ばかりに気がいってて、
一番大切な肝臓値の事が飛んでました(><)
体質と言われてしまいましたが、シニアになって悪化しないよう、
これから予防していきたいと思ってます。



親身にお答えいただき、本当に嬉しかったです。
教えていただいた事を参考に、いろいろ工夫して楽しくやっていきます♪


まだまだ残暑厳しいですね。諸橋さん、ご家族皆さん、ぐりちゃん・・・
どうぞ、お体、お気を付けくださいませ。




-------------------------------------------------------------




阿保 智美さんよりいただきましたー。
阿保さん、ありがとうございます。


また、先日は午前・午後と長時間に及ぶセミナー
本当にお疲れ様でした。



セミナー内でお話ししたことが
お役に立てれば幸いです。



血液検査の数値、やはり気になりますよね。




私自身、今回のセミナーでは
「血液検査で●●の数値が高い」というご相談をたくさん事前にいただいていました。




一方で…。




「数値が高い!」



という背景に何があるのか?




もっというと、




「数値が高いというのはどういうことなのか?」


「そのとき、肝臓では何が起こっているのか?」


「そもそも肝臓って、何をしている臓器なの??どんな役割があるの?」



という予備知識があると日常のケアの中で「肝臓」を考える際に
選択肢が広がります。




実は何を隠そう隠しませんが
我が家のぐりも肝臓のサイズが通常の1/2しかありません。



これは、たまたまレントゲンを取った際にわかったことです。
我が家のぐりが1歳くらいの頃ですね。
純血種にはよくあることですよーと、獣医さんには言われました。



肝臓は小さくてもしっかり働いていますし
現在7歳ですが、今のところ特に血液検査で要注意な数値が出ているわけでもありません。




ただ、やはり肝臓が1/2サイズと聞いたときにはドキッとしましたし
サイズが小さいとどういうことが起こるのか?が心配になりました。



そこで、そもそも肝臓って、何をしている臓器なのか?を調べることにしたんですね。



肝臓の機能を知ることで
その機能を通常の1/2サイズでやることになるぐりの食事で
何か気をつけてあげられることはないかな?と当時の私は考えたからです。




そこで、次号のメールからは「肝臓ってそもそもどういう臓器?」というお話と
「肝臓ケア」を考えた場合の「食事」をテーマにお話をしていこうと思います。






本日は以上です。




またメールさせていただきますね。




ドッグホームケアセラピスト
諸橋直子

(終)




犬の手作り食メールセミナーに登録する!
★犬の手作り食の基本についてわかりやすく解説した8日間の無料メールセミナーを配信しています!★今なら「犬の栄養学基礎知識e-book」を無料プレゼント!!→ご登録はこちらから!



Office Guri
09 : 57 : 27 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<「髪は血の余りである」「髪は腎の華」東洋医学的視点でみた犬の健康って? | ホーム | 「消化酵素」を選ぶ際の注意点。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dogaromanow.blog.fc2.com/tb.php/249-017aa8fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。