スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
「消化酵素」を選ぶ際の注意点。
2013 / 03 / 21 ( Thu )
こんにちは。
Office Guriの諸橋直子です。


かなり久しぶりの配信となります。
今日も情報盛りだくさんで行きますが
その前にセミナー終了のご報告や、新規でのセミナー募集開始等など
お知らせをいくつか。



ペット食育入門講座が、無事終了しました。
今回は14名様のご参加をいただきまして
参加者の皆さんからのご質問もかなりレベルの高いものが多かったです。



「他の方の悩みを聞いていると同じように悩んでいる方がいるんだな、と思えました」
「個別に質問に答えてもらえたので安心できました」


といったご感想を多数頂戴しています。



あと今回は「肝臓の数値が高くて心配」「腎臓が悪い」「心臓が悪い」といった
健康上の悩みを抱える犬の飼い主さんのご参加が多かったです。



「病気に関するご相談は基本的にお受けしない」は私のスタンスです。
何故なら私は獣医師ではないからです。



一方で、体と言うものを考える際に「食事」というものは欠かせない、と考えています。



私たちの体が食べたものでできているのはまぎれもない事実です。
それを考えると、やはりできるだけ体にいいものを食べたいです。



ここでいう「いいもの」っていうのはオーガニックとか高級食材とか
そういう意味ではなくてですね…。



旬の新鮮な野菜だったり、地元でとれたフレッシュな卵だったり、
今の自分や犬の体調にあったもの、という意味合いです。



胃腸の調子がいまいちの時に私は揚げものとかを食べたくないですし
そういうときは消化のいいものをちょっとだけ食べて
あとは体を休ませる。





こういう工夫や知恵をうちの子にも応用してあげたいのですが
どういった食材がお勧めですか?



こうしたご相談にはセミナー会場で喜んで乗らせていただいています。



例えば肝臓の数値が高い子の食事についてアドバイスを求められれば
詳しい状況をお聞きしたうえで、
肝臓を休ませるために食事の量を少なめにする日を作る、
高タンパクで低脂肪な食材を積極的に取り入れる、など
具体的な食材をあげながらお話しさせていただきます。



そうした情報を知ることで、飼い主さん自身が
愛犬の体調を見ながらオーダーメイドで
体に合わせた食事を作ってあげられるとしたら…。




こんな素敵なことはない、と私は考えています。





そして、そうした食事作りに取り組むためにも
まずは基礎知識が大切です。



「基礎知識」はスポーツでいえば「型」みたいなもの。
体力の消耗も少ない美しいフォームでスピーディーに
泳げうようになりたい!と思えば手足の動きの
「基本の型」を覚えることが必須です。



犬の食事作りもそれと一緒です。






「そんな基本からまずは学びたい」と言う方のために
札幌市中央区で「入門講座」を開講することが決定しましたので
是非楽しみにお待ちくださいね。
詳しいご案内は後日、このメルマガ上でさせていただきます。




また、「入門講座」で学ばれた方を対象に
犬の栄養学やライフステージ別の食事、ペットフードのラベルの読み方など
さらに「ペットの食事」の知識をより深く学びたい方のための


「ペット食育士2級認定講座」


の開催も決定しました。



こちらは2012年12月8日・9日の2日間連続で行います。



「2級講座」も近日の募集を開始いたしますので
参加を希望される方はご予定を空けて楽しみにお待ちくださいね。




●8/19の講座の様子を写真でご覧いただけます。
http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&275m1



●実際に入門講座と2級講座を受講いただいた
 クライアント様インタビュー(動画)
http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&275m2









さて、ここからが本題です。



先日から、



「手作り食をがんばりたいが獣医さんの賛同が得られない。
 そうしているうちに自分の中でも犬の食事について色々疑問が出てきた」



というボストンテリアの飼い主さんのご質問に
メルマガ上で回答しています。



◎前回のメルマガ記事はこちら。
http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&275m3







>蛋白質・炭水化物・脂質という身体を作る栄養素を低分子化させるために
>必要な消化酵素を補って少しでも腸の働きを助けれたらと思っています。

>食材ならキウイやパパイヤ、大根などを使いますが、他にバリエーションが思い浮かびません。
>炭水化物を低分子化する役割のある食品には何があるのでしょうか。。
>もし良かったら講座の時でもお聞きできればと思っています。



前回の記事では
「消化酵素はたんぱく質である」
「たんぱく質は熱、酸、アルカリに触れることにより変性し、性質が変わる」
と言うお話をしました。



今日は結論です。



食物に含まれている「酵素」は胃の中で胃酸に触れること、
小腸でアルカリの環境に触れることで「変性」します。



そのため、もしサプリメントなどで「酵素」を補いたいのであれば
胃酸に強い加工がされているものを選ぶ必要があります。



病院で「消化酵素」が出される場合は、この加工がされています。
胃酸に強く、小腸まで届いてアルカリ性に触れて始めて薬が溶けだすような工夫がされています。



なので、もしサプリメントで補いたい、とお考えであれば
この点に注意して製品を選ぶ必要があるでしょう。



また、食物に含まれる酵素も、胃酸に触れると変性してしまうため
正直なところ、消化を助ける、という意味では
限界があると言えます。




炭水化物についていうと、良く給水させる、加熱する、という工程を経ることで
十分消化しやすい形になっています。



お米であれば、給水させた後に炊く、という工程を経ているので
それだけで十分、消化吸収しやすい状態になっている、と考えられます。




もしそれで、未消化の物があまりに多い、吸収されていない、というような
病院の検査結果が出るのであれば
それは食事の問題ではなく、
消化吸収を阻害している別の問題が体のどこかにあると考えられますから
根本的な原因を獣医さんに探ってもらい、解決する、という必要があるでしょう。








本日は以上です。




またメールさせていただきますね。




ドッグホームケアセラピスト
諸橋直子

(終)




犬の手作り食メールセミナーに登録する!
★犬の手作り食の基本についてわかりやすく解説した8日間の無料メールセミナーを配信しています!★今なら「犬の栄養学基礎知識e-book」を無料プレゼント!!→ご登録はこちらから!



Office Guri
06 : 59 : 22 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<お便り特集と犬の肝臓ケア。 | ホーム | 犬の「消化」について今日はマニアック過ぎる解説。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dogaromanow.blog.fc2.com/tb.php/248-60f8c862
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。