スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
○○さん、ドッグフードのラベルの基準値を正しく理解するにはどうしたらいいと思いますか?
2012 / 11 / 07 ( Wed )
○○さん、こんにちは。
諸橋直子です。




さて、ここからは引き続き



「犬の食事を手作り食に変えたら、著しく便の量が減ったんですが
 これって便秘なのでしょうか?」



というご質問についての回答です。




◎バックナンバーはこちらからご覧いただけます:
↓    ↓

■犬の手作り食と便秘:
http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&247m2





前回は「フードのラベルからうちの犬に1日に必要な食物繊維量」を計算し
それが実際に「うちの子のお腹にとってどうなのか?」について考えるための
筋道をお話ししました。







そしてここでは、常々このメールマガジンでも申し上げていますが



「数字は数字、基準値は基準値。

 一方で、生き物は体質も住んでいる環境も千差万別。


 なので、基準は基準として参考にするとして


『じゃあ、うちの子の場合はどうなのか?』と言う視点で考える」




ということが大切になってきます。






そして、もう一つ大切なことを今日はお話ししますね。




それは…。





ペットフードの栄養基準値と普通の食物から摂取する栄養量については
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
全くの別物と考える必要がある
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^




ということです。



「いまひとつピンときません…」



と言う方のために、分かりやすい例をあげますね。





ドッグフードの栄養基準値に「AAFCO基準」というものがあります。



これはざっくりいうと、フード1kgの中に
入れるべきビタミンの量は○mg、カルシウム量は○g、というような基準値です。






そして、この基準に沿って体重10kgの成犬が必要とする1日のカルシウム量を計算すると…。




1.2gと出ます。



「むむ、これって多いの?少ないの??」





これを普通の食材におきかえてみましょうか。
カルシウム1.2gを含む食材となると…。






干しエビ17gとか…。



牛乳1.1リットルとか…。







ちょっと普通の食事では考えられない量になり、現実的ではありません(苦笑)







「それみたことか!ペットフードは完全栄養食なんだから
 それを一般の食材で満たそうとすると絶対無理があるんだ~!」



とここで鬼の首を取ったように大喜びされる方も時々いらっしゃるのですが
ここは注意深く、




「基準値」



と言う意味を正しく理解する必要があります。




AAFCOの話をしましょう。








AAFCO、というのはアメリカの機関で「アメリカ飼料検査官協会」の略。
「ペットフードの栄養基準値」を決める仕事をしています。

↓    ↓
http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&247m3





日本で販売されているフードの中にも


「このフードはAAFCO基準を満たしています」


と、うたうものがたくさんあります。






では、この「AAFCO基準」は犬の1日の栄養要求量を
正確に測定した「絶対値」なのでしょうか?







答えは実は「ノー」です。







AAFCOの基準は、実は



「ペットフードを製造する際に、どういう材料の粉を、どういう割合で配合したらいいのか?」



と言う視点で作られたものです。






大事なのでもう1回言いますよ?(笑)








AFCOの基準は、実は



「ペットフードを製造する際に、どういう材料の粉を、どういう割合で配合したらいいのか?」



と言う視点で作られたものです。






ここのところをきちんと理解しておかないと




「ペットフードのラベルに書かれている栄養素を
 普通の食事で満たそうとすると絶対に無理がある!!
 
 だからやっぱり、手作り食は素人には無理なんだ~~~~!!」



という、いらぬ(苦笑)誤解で悩むことになるので
注意が必要です。






そしてもうひとつ。




「安全値」



という概念についても理解する必要があります。





「もう!安全値ってなんですか!!
 ますます訳が分からなくなってきました!!!(泣)」



そういうお声も聞こえてきそうですが(笑)
この「安全値」が正しく理解できると
最後で



「あ、なーんだ」



とすべてに合点がいくようになりますから
もうちょっと気長にお付き合いください^^




ちなみに、ペットフードのこうした「ラベル」の見方については
なかなかセミナーなどでも教えてもらう機会は
○○さんもないと思います。




そういう意味で、このメールマガジンでは
こうした情報もどんどんお伝えしていきますので
これからもこの「ぐり通信」を○○さんも応援してくださいね!





というわけで、次号のメールでは「安全値」のお話を。





今日はここまでです。




最後までお読みいただきありがとうございます!








ドッグホームケアセラピスト
諸橋直子

(終)





犬の手作り食メールセミナーに登録する!
★犬の手作り食の基本についてわかりやすく解説した8日間の無料メールセミナーを配信しています!★今なら「犬の栄養学基礎知識e-book」を無料プレゼント!!→ご登録はこちらから!



Office Guri
09 : 28 : 20 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<ペットフードは完全栄養食!だから手作り食はバランスが悪い??? | ホーム | フードに含まれている食物繊維、多い?少ない??を考える>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dogaromanow.blog.fc2.com/tb.php/227-8deafd83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。