スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
○○さんだったらどうしますか?犬とブドウ(最終回)
2012 / 11 / 02 ( Fri )
○○さん、おはようございます。
諸橋直子です。





本日は「犬とブドウ」をテーマにしたお話の最終回です。


さてここからは「犬とブドウ」についてのお話の続きとなります。




◎前回のメルマガの内容はこちら。

↓    ↓


http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&239m2


今日は結論です。


このような「NG食品」についての情報を見かけたときは
何故、そう言われているか?をしっかりと理解したうえで
最終的に


「私はどうするのか?うちの子の場合はどするのか?」


を飼い主さん自身が判断することが大切になります。



今回のポイントは
「ダメージを受けるとされる臓器が腎臓だ」と言われてること。




腎臓は、基本的にダメージを受けると元には戻せない臓器です。



とかげのしっぽは切れてもまた生えてきますが
腎臓の場合はそうはいかないということですね。




ダメージを受けてしまうと元に戻せない臓器ですから
病気になった場合の治療も


「これ以上ダメージを受けて機能を低下させないように」


という方法になります。



なので、不安のある場合は



「他に食べるものがたくさんあるしね、敢えてブドウを食べさせる必要もないか」



と、食べさせない、という選択がまずひとつ。



「うちの子は今までブドウを食べてきて特に問題がないから
 時々だったら今まで通りあげてもいいかな?」



という選択もありでしょう。



ちなみに、ですが…。



これって我が家が家族そろって果物狩りに行った時の写真ですが。

↓    ↓

http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&239m3




ここって実は、ブドウ棚もあってブドウも食べ放題だったんですね^^
もちろん、我が家のぐりもブドウ食べましたよ。



赤いブドウ、白いブドウ、茶ブドウ。



ただし、全部皮を剥いてからあげました。




ブドウの表面に付着している農薬が腎不全を起こす原因では?という指摘もあり


(まだはっきりと検証→確認されていませんが、可能性のひとつとして
 そういうこともあり得る、という説があります)


それであれば皮剥きましょう、というのが我が家の選択です。



なので、畑に落ちているブドウをぐりさんが食べようとしたときは


「NO!」


と叱って、ちゃんと皮剥いて手から食べさせましたよ^^





大事なのは、「○○は犬にいけない」という情報に接した時に
背景をきちんと理解して
自分はこう考えるから、こういう選択をする、というのを
飼い主さん自身が決められるようになることです。




これが、危険と言われている背景もまったく分からず
それを調べてみる、という発想が「ゼロ」な状態で
鵜呑みにしてしまうことで




「うわあ…犬って食べさせちゃいけない食品だらけだ。
 何だかこわいな…」



と、必要以上に悩んでしまう。




もっと突っ込んだいい方をすると


「本来なやまなくていいところで悩んでしまう」


という状況を作ってしまうわけです。






理由が分かると「なーんだ」で終わるようなケースも
実は結構多いですしね。





折角ご縁があって
このメルマガをお読みいただいている○○さんには
できればそういうことで悩んでいただきたくないですし
悩む時間は減らして、
その分わんちゃんと楽しく過ごす時間を満喫していただきたいと
私は願っています。




今日はここまでです。




最後までお読みいただきありがとうございます!







ドッグホームケアセラピスト
諸橋直子

(終)



犬の手作り食メールセミナーに登録する!
★犬の手作り食の基本についてわかりやすく解説した8日間の無料メールセミナーを配信しています!★今なら「犬の栄養学基礎知識e-book」を無料プレゼント!!→ご登録はこちらから!



Office Guri
08 : 09 : 36 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<老犬の痰の悩みにアロマ | ホーム | 犬と果物Q&A:何故犬にブドウをあげてはいけないの?その理由>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dogaromanow.blog.fc2.com/tb.php/222-ffa45f6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。