スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
犬の体を細菌やウィルスから守る意外な「大事なもの」って?
2012 / 10 / 12 ( Fri )
○○さん、こんにちは。
Office Guriの諸橋直子です。


今日も引き続き


「犬の食事の量と質を考えることで、免疫力UPに活かしましょう」


と言うテーマの「質」の部分についてお話ししていきます。




最近このメルマガを読み始めた、
または忙しくて今までのメルマガ、ちょっと読みのがしていた!と言う方は
バックナンバーをご参照いただくと
より理解が深まりますのでこちらをどうぞ。


↓      ↓


■犬の食事についてのこんな誤った認識?
http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&212m1



■犬の免疫力UP!食事編:その食事量って適切ですか?
http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&212m2


■犬の免疫力UP!食事編:その食事、水分量は適切ですか?
http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&212m3



さて、今日はいよいよ、免疫力UPを意識した
食材の選び方についてのお話をします。





免疫力UPには


・粘膜の強化
・免疫力そのものの強化
・免疫力を良好にキープし、炎症などを抑える


という視点で考え、それをサポートするような食べ物を
メニューの中に取り入れることで、
その効果を期待できます。





「は、粘膜の強化?
 何で免疫力に粘膜が関係あるんですか?」



○○さんもひょっとしたらそう思われたかもしれませんので
ちょっと「粘膜と免疫」の関係にも簡単に触れておきます。




「粘膜」は人も犬も全身の様々なところに存在します。


例えば鼻の奥にあたる「鼻腔」や
「喉」「気管」等の呼吸器系。


さらに言うと、腸管などは完全に粘膜だらけです(笑)



そして、実はこうした「粘膜」は
常にウィルスや細菌など外部からの異物・病気の元となるものにさらされています。







…ここでちょっと想像してみてください。









「喉」や「鼻」の粘膜は
常に外気にさらされています。




理由は、私たちは常に呼吸しているからです。



それじゃあ、私たちが吸ったり吐いたりしている空気は
完全無菌なのでしょうか?



当然ですが、そんなことはありません(笑)
目に見えないだけで、様々な菌やウィルスやカビとかその他、
いろいろなものが浮遊しています。
そういうのって、
ちょっと想像したくないですが(爆)




それでは、私たちはそうした100%無菌どころか
色々なものが混じっている空気を吸っても何故平気なのでしょうか?




それは、そうした菌とかウィルスとかその他の異物が体内に侵入しないよう
『粘膜』が守ってくれているからです。





もし粘膜がタダのザル状態で
外部からの異物をいとも簡単に体内に「どうぞどうぞ」と
フリーパスで侵入を許してしまったらどうなるでしょうか…?





はい!もうお分かりですね。
私たちはしょっちゅう何かしらの感染症に悩まされることになります。




ちなみに私は喘息持ちですが
これは気管の粘膜が炎症を起こして完全に防御機能が弱っている状態です。
なので、ちょっとした異物を吸い込んだだけで
咳が止まらなくなったりして結構大変です。




昨年の家の引っ越しときなどは
物を入れたり出したりでホコリもたくさん吸い込んだので
完全に悪化しました(涙)



これも、粘膜が弱っていなければさほど大事にはならずに済んだのでは~?と思うと
無性に悔しいです。
余談ですが。






…。







つまり、普段から私たちは無菌状態で生きているわけでは当然ないですし
外部からの異物の侵入を、粘膜が守ってくれているということなのです。




「粘膜」が体を守るのに重要な役割を果たしていることは
これでご理解いただけましたか?








それでは、その「粘膜の強化」にはどんな食べ物が役立つのでしょうか?




●レバー
●卵(卵黄)
●ホウレンソウ
●ニンジン
●カボチャ




これらの食品は「ビタミンA」または「βーカロテン」を多く含みます。

「ビタミンA」は粘膜の健康をキープするのに重要なビタミンです。



「βーカロテン」は動物の体内で必要に応じて「ビタミンA」に変換される、
という特徴を持ち、野菜類に多く含まれます。



「ビタミンA」は過剰症を気にされる方もいらっしゃいますが
よほど大量に毎日摂取する…というのでなければ
滅多なことで過剰症は起こりません。





ニンジンやかぼちゃ等の甘みが強い野菜は
犬も好んで食べるケースが多いです。



ぜひ取り入れてみてくださいね。



今日はここまでです。



次回のメールでは




・免疫力そのものの強化
・免疫力を良好にキープし、炎症などを抑える



こうした目的にぴったりな食べ物をご紹介しますので
どうぞお楽しみに^^




本日も最後までお読みいただきありがとうございます!




ドッグホームケアセラピスト
諸橋直子

(終)




犬の手作り食メールセミナーに登録する!
★犬の手作り食の基本についてわかりやすく解説した8日間の無料メールセミナーを配信しています!★今なら「犬の栄養学基礎知識e-book」を無料プレゼント!!→ご登録はこちらから!



Office Guri
10 : 24 : 07 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<犬の免疫力UPをサポートする食材と食べ方のポイントを伝授します | ホーム | 犬の免疫力UP!食事編:その食事、水分量は適切ですか?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dogaromanow.blog.fc2.com/tb.php/202-15628aef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。