スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
犬のためなら、つい欲張りになってしまうという○○さんへ。
2012 / 09 / 04 ( Tue )
○○さん、こんにちは。
Office Guriの諸橋直子です。


さて、今日も引き続きハーブのお話しです。


ハーブには生のハーブとドライハーブがある、と言うお話を
前回させていただきました。

↓      ↓

http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&189m1




この記事では生のハーブには、時間の経過とともに蒸発して失われる
有効成分が含まれている、というお話をしました。


また、蒸発する有効成分は油に溶ける性質のものが多いので
ドライハーブなどを抽出した「ハーブティー」に含まれる成分と
生のまま食べたり噛んだりして取り入れられる成分とには
違いがある、と言うお話もさせていただきました。




「うーん、生で食べると失われやすい成分が取り入れやすいのは分かった。
 でも生のハーブって1年中手に入るとは限らないし
 ドライハーブの方が入手しやすい。

 でも、できれば生のハーブの有効成分の恩恵も
 うちの犬には受けさせてあげたいな~。


 何とかなりませんか、諸橋さん?!」




実際、そういうご相談もよくいただきます(笑)





「ハーブは植物だから、犬の体にも優しいし
 安心して使えそう。

 でもどうせ使うなら、有効成分を最大限に取り込んで
 うちの子の健康を守るために活用したい!」




そう思うのが飼い主の心情ですね。
欲張りですが!





でも私も欲張りなので、その気持ちは理解できます(笑)




かわいいわが子には
体にいいことと聞けば、何でもやってあげたくなりますよね!









そこで今日は、



「ドライハーブをベースに、生のハーブに含まれている有効成分を
 上手く補いながら活用する方法」



をお伝えします。





以下、リンスなどの毛や皮膚のケア限定の方法です。






アロマ精油を活用します。






アロマの精油とは?




植物に含まれる、空気中に飛びやすい有効成分を
「蒸す」「絞る」等の方法で抽出したオイルです。





例えば、「カモミールジャーマン」の精油は
カモミールを水蒸気で蒸して、有効成分を一旦蒸発させ
その蒸気を冷やして液体に戻す…という方法で抽出されます。






いい方を変えると
放っておくとどんどん蒸発してしまう有効成分を
熱を加えて敢えて蒸発させる!



そしてその有効成分を含んだ蒸気を逃がさないようにして
集めておいて冷やす。



すると、熱で気体になっていた有効成分が
液体に戻る。



と言う手順で、嬉しいことに有効成分だけを
濃縮した状態で取り出すことができます。



これがアロマの精油です。



「カモミールジャーマン」



の精油には「カマズレン」と言う成分が含まれており
抗炎症作用を持つことで知られていますが…。



この「カマズレン」。
実は見事な「ブルー」の色をしています。

↓       ↓


http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&189m2



結構はっきりしたブルーですよね(笑)
花自体は白いのに何とも不思議です。







こんな風に「アロマの精油」は生のハーブに含まれている
有効成分を濃縮して取り出したものですから
上手に活用することで、ドライハーブでは失われてしまった成分を
上手に補う形で活用することが可能です。








ただし、アロマ精油はかなり濃縮されていますから
犬に飲ませたり、体に直接塗るのはNGです。




これは、○○さんのわんちゃんの健康と安全を守るためにも
ぜひご留意頂きたい注意事項です。




それではこの「精油」と「ドライハーブ」。
どんな風に組み合わせて、犬の毛や皮膚のケアに活用したらよいのでしょうか?



具体的な方法について
次号のメールで引き続き解説していきますね。




本日も最後までお読みいただきありがとうございます^^



ドッグホームケアセラピスト
諸橋直子




(終)


犬の手作り食メールセミナーに登録する!
★犬の手作り食の基本についてわかりやすく解説した8日間の無料メールセミナーを配信しています!★今なら「犬の栄養学基礎知識e-book」を無料プレゼント!!→ご登録はこちらから!



Office Guri
17 : 08 : 16 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<皮膚の痒みの悩みを抱えるわんちゃんへ…。 | ホーム | 犬の皮膚と毛のケアにハーブを活かす!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dogaromanow.blog.fc2.com/tb.php/183-19a63f7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。