スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
激しく美味しい「犬の口腔ケア」に役立つハーブ。
2012 / 07 / 23 ( Mon )
○○さん、こんにちは!
Office Guriの諸橋直子です。





さて、2012年最初のテーマということで


「犬の口腔ケア」


を前回のメルマガより取り上げています。


その中でも特に「ハーブを使った口腔ケアの情報を知りたいです」と
具体的なリクエストをいただいたので
それについて書かせていただきますね。



私たちが「薬用デンタルケア」「口臭予防ケア」というような
歯磨き粉を機能で選び、積極的に歯や歯肉などの「口腔ケア」をするように
犬にも歯磨き以外で、何かできないかな~と考える飼い主さんが増えてきています。



そして、犬に使うものだから
なるべく信頼がおけて、自然で安全なもので…という風に考えるのが
私たち飼い主の自然な心情というものだと思います。




ちなみに、○○さんはいかがですか?



もし、自然素材で手軽に取り入れることができて
犬の体にもよさそうなもので「愛犬の口腔ケア」ができれば
やってみたいな~と思われますか?^^







はい、そこで役立つのが「ハーブ」です。



犬に役立つハーブは色々ありますが


(そして当然ですが、それらのハーブは私たち人間にも役立つものです)


今回は、その中でもはじめに『カモミール』をピックアップして
○○さんにご紹介したいと思います。




あ、『カモミール』を最初に持ってきた理由ですか?




単純に私が好んで使うハーブだから、というのもありますが(笑)
『カモミール』は口腔ケアにぴったりなハーブな上
入手もわりあい簡単だからです。





それでは、引き続き詳しくお話ししていきますね。




------------------------------------------------------------

◆2つの『カモミール』、犬の口腔ケアに効果的なのはどっち?

------------------------------------------------------------


カモミールには実は代表的なものが2種類あります。



最も薬効があるとされているのが


・カモミール・ジャーマン
・カモミール・ローマン


の2つです。




今回は、この中の「カモミール・ジャーマン」に焦点をあてて
解説していきます。




何故、この「ジャーマン」の方に焦点を当てるかというと
犬の口腔ケアには圧倒的に「ジャーマン」が使われるケースが多いからです。





そして、既に多くのハーバリスト(植物療法家)が使用して
効果をあげている実績があるからです^^




そのため、今回の解説で以下、カモミール、といった場合
「ジャーマン」の方を指すとご理解ください。









------------------------------------------------------------

◆『カモミール』、その効果のほどは?

------------------------------------------------------------



カモミールハーブの代表的な効果をまずご紹介しますね:

↓     ↓


抗けいれん作用、駆風作用、抗炎症作用、鎮痛作用、
抗菌作用、消化促進作用(健胃作用)、駆虫作用、
傷の修復作用






様々な作用がありますが、「口腔ケア」で注目したいのは
やはり「抗菌作用」です。



口の中のトラブルは、
口の中の雑菌によって引き起こされるものも多いですから
歯磨きの仕上げに、こうしたハーブを噛ませる、などのケアも有効です。








------------------------------------------------------------

◆『カモミール』、どうやって使うの?

------------------------------------------------------------



ハーブは可能であれば生のものを入手し
犬にそのまま食べさせてあげてみてください。



『カモミール』のフレッシュハーブは
本当にうっとりするような甘い良い香りがします。



私は以前、生のハーブを知り合いの方から頂いたので
そのまま花を摘んでカップにぽいぽい!と入れて
熱湯をその上から注いで飲みましたが
あんなにおいしいハーブティーをいただいたのは
後にも先にも初めて!!という経験をしました^^





香りの面でも、生=フレッシュハーブに勝るものはないですし
犬の体に嬉しい有効成分の中には「揮発性」といって
アルコールのように蒸発しやすい性質のものが少なくありません。





そのため、ドライハーブでも一定の効果は期待できますが
ドライにする加工工程で、こうした「揮発性」のある有効成分が
飛んでしまうケースもあります。




ちなみに…カモミールは自宅で簡単に栽培することができます。





「あいつら、根本的に雑草なので
 気をつけないとどんどん増えますよ!!!」





というのは、twitterで交流のあるフォロワーさんから
以前教えていただいたのですが(笑)
そのくらい栽培は簡単です。






お庭がある方は増えすぎに注意しながら植えてみるもよし、
スペースに限りがある場合は、
小さな鉢等を使って、犬用にハーブを育ててみるのも良いでしょう。






種は園芸店やホームセンターで簡単に入手できます。
無い場合は通販でも買うことができます。
価格は250円~300円程度です。






私が住む北海道はまだ無理ですが
暖かい地方であれば3月くらいから蒔くこともできます。




もちろん、いつでもこうした生のハーブの入手が難しいケースもあると思いますので
そういう場合は、お店で通年を通して入手しやすい
「ドライハーブ」を使用するなど、上手に使い分けてみてください。





そして…実は「ドライハーブ」は
「細かくして食事に混ぜる」という使い方も可能です。



これについては、次号のメルマガで引き続き
詳しく解説してきますね。



本日も最後までお読みいただきありがとうざいます!







(終)





犬の手作り食メールセミナーに登録する!
★犬の手作り食の基本についてわかりやすく解説した8日間の無料メールセミナーを配信しています!★今なら「犬の栄養学基礎知識e-book」を無料プレゼント!!→ご登録はこちらから!



Office Guri
10 : 21 : 56 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<ハーブで犬の口腔ケア!その3 | ホーム | ○○さん、新年明けましておめでとうございます!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dogaromanow.blog.fc2.com/tb.php/180-7de08bbc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。