スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
犬の血流を改善して、皮膚トラブル解消に役立てる!
2012 / 06 / 29 ( Fri )
○○さん、こんにちは。
諸橋直子です。



【お知らせ】

「犬のつぼマッサージ動画再閲覧」を希望された方で
期日までに私宛にメールでお知らせくださった方は
既に再登録が可能なよう、システム上での作業が終了しております。


下記サイトよりご登録可能になっておりますので
ご自身で再登録手続きをお願いいたします。
http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&166m1



尚、メールをいただいた方の中で数名の方については
ご連絡いただいたアドレスのでご登録が確認できませんでした。


過去にご登録が無ければ、こちらから新規ご登録が可能ですので
ご自身でご登録手続きをお願いいたします。
↓     ↓
http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&166m2












さて、ここ数回に渡ってこのメルマガでは

「皮膚トラブル改善に効果的な犬のつぼマッサージ」

について詳しく解説しています。



東洋医学では皮膚トラブルを


「体内に毒素や老廃物が溜まった状態」
「それが体の外に出ようとして、皮膚表面近くに集まってきている」


と考えます。



そこで、解決方法としてはそうした「老廃物」や「毒素」を
スムーズに体外に排泄してあげること、
そうした体質作りができるように
体をサポートすることが大切であることもこれまでお話ししてきました。



そのため、水分摂取を増やして、尿から「老廃物」や「毒素」を排泄しやすくしてあげると同時に
体の隅々をめぐって、体内の不要物を回収し、
腎臓に運んでくれる「血液の流れ」をスムーズにすることの重要性についても
前回のメールで触れさせていただきました。
↓     ↓

http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&166m3



そして今日はこの核心の部分である、「血液の流れの改善方法」について
お話しします。



お家でもできる簡単な改善方法は2つです。


●温める
●血流を改善する「つぼ」マッサージ




ひとつひとつ解説していきますね。








●温める


これは私たち人間もそうですね。


今時期の寒い季節であれば、自然と暖かい服を着たり
暖かい食べ物を食べたりなど
自然と体を温める工夫をしています。



だからといって、犬に服を着せなければいけない!!という話ではなく
室内の温度調節をちょっと気を付けてあげるとか
寒そうに丸くなっているようであれば
毛布をかけてあげるとか
そうしたちょっとした工夫で、元気な子であれば
十分に「冷え」を防ぐことができます。



あとは、食事の際に
手作り食であれば、温かいものを食べさせる、
体を温める「生姜」等の食材を少量加えるのも効果的です。



フード利用の方でも
肉や魚でダシを取ったスープを温めてフードに加えてあげるだけでも
十分効果があります。



これだと、水分摂取量も増える上に
体も温まるので一石二鳥ですね。







そしてもうひとつの方法、



●「つぼマッサージ」



ですが、これは



「血液の流れを改善し、ホルモンバランスを整え、
 皮膚病を改善する働きのあるつぼ」




をマッサージしてあげることが、
愛犬の皮膚トラブル改善に役立つケースが
多くあります。





このつぼは現在、増え続けている「犬のアトピー」の治療の際、
治療の一環として取り入れている獣医師も多いつぼです。



そのつぼの名前は…。





「血海(けっかい)」


といいます。





このつぼは犬の後肢、膝のお皿の近くにあるつぼです。
血液の流れを改善するのに役立つつぼです。



脚の膝のお皿の上縁内側の、上へ指3本分の位置にあります。
犬の場合は後肢の両内側にあります。指3本分は犬の指3本分と考えてください。


下記サイトに写真を掲載していますので
○○さんのわんちゃんのつぼを探す際の
ご参考にされてください。
http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&166m4




さて、次回のメールは
これまでお話ししてきた


「犬の皮膚トラブル改善に役立つ、家庭でできるケア」


についてのまとめです。



どんなトラブル時でもそうですが、対応する方法が多ければ多いほど
選択肢も増え、解決手段がこれだけたくさんあるんだ!と
安心できますよね?



そうした「家庭でのケア」についての
私の基本スタンスをお話しさせていただきます。





○○さんが、



「家庭でできるケアがあれば心強いし
 病気になって、獣医さんに任せっきりなのではなく
 普段から予防を心がけたい。


 そしてもし、病気になった場合でも
 お家でできるケアも併用して、
 獣医さんと二人三脚で
 愛犬の病気と向き合っていきたいな!」


と、もしお考えでしたら
必ずお役に立てる内容ですので
次号の配信を楽しみにお待ちください。






今日はここまでです。




(終)






◇追伸1:

「つぼマッサージ」の基本的な考え方と
皮膚トラブルとストレスケアに有効な「つぼ」の位置を
分かりやすく解説した動画セミナーを
無料配信しています。


これからの季節の愛犬のケアにお役立てください。



↓     ↓



■愛犬のストレスケアと皮膚トラブルに効果的な
 つぼマッサージセミナー
http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&166m5








犬の手作り食メールセミナーに登録する!
★犬の手作り食の基本についてわかりやすく解説した8日間の無料メールセミナーを配信しています!★今なら「犬の栄養学基礎知識e-book」を無料プレゼント!!→ご登録はこちらから!



Office Guri
10 : 54 : 05 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<今日は愛犬の健康を、ご家庭で守るために大事なことをお話しします。 | ホーム | 犬のデトックスに重要な2つのキーワードって?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dogaromanow.blog.fc2.com/tb.php/166-1c959c72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。