スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
犬の皮膚トラブルに立ち向かう4つの方法*
2012 / 06 / 23 ( Sat )
○○さん、おはようございます。
諸橋直子です。




○○さんにお聞きします。



犬の動物病院受診理由で多いものは何だと思いますか?


様々なデータ統計がありますが


「犬の動物病院受診理由TOP3」


の常連には、だいたいのケースで



「皮膚トラブル」


が名を連ねています。








「そういわれると、うちの子もかゆみや湿疹で
 獣医さんのお世話になったなあ!」



と思い当たる節も多いのではないでしょうか?




私も犬用手作りシャンプー石鹸を販売しているという仕事柄、
皮膚トラブルに関する悩み相談を非常にたくさんお寄せいただいています。





犬にとって、皮膚トラブルは非常に身近な疾患のひとつなんですね!



ところで、皮膚トラブルにも原因は様々ですが
○○さんは愛犬が湿疹やかぶれで苦しんでいるときに
どんな風に対応しますか?




我が家の黒ラブぐりも、パピーのころは謎の湿疹がぽつぽつと出て
悩んだ時期がありました。



すぐに獣医さんを受診しましたが
塗り薬をいただくのみで、飼い主である自分にできるのは
それを指示通りに塗ることくらいでした。




一方で…。






「薬や病院以外に、何か自宅でもしてあげられることは無いかなあ?」




と考えるのが、飼い主の心情だと思います。





治療は獣医さんの領域ですが、



「お家でできるケアがあれば、自分自身の手でしてあげたい」



実際にそう考えられて、私が販売する石鹸を購入される際に
相談のメールをくださる方がたくさんいらっしゃいます。



「獣医さんには診せたのですが、せめてシャンプーを
 優しいものに変えてあげることで
 少しでも痒みから解放してあげたい…」





また、犬の手作り食講座を受講された方の中にも



「愛犬の皮膚トラブルを、
 食事の改善で少しでも楽にしてあげられないかと思って…」



という動機で受講される方も少なくありません。






いかがでしょうか?









「皮膚トラブル」という問題に対して

・獣医さんの治療を受ける


以外に、


・食事
・シャンプー


という視点からも改善を試みる。



この場合、「皮膚トラブル」に対して3つの問題解決策を
その飼い主さんは持っていることになります。




どんな問題でもそうですが、



「解決のために出来ることが多い方が、
 問題解決できる可能性が高まる」


の当然のことです。




ここまではご理解いただけますか?





そしてもし、ここに実は「4つめの選択肢」があるとしたら
○○さんはそれを知りたいと思いますか?




愛犬のために、
自宅で飼い主である○○さん自身がしてあげられることで、
とても簡単な方法があります。



しかも、特別なテクニックや器具も不要です^^



下記サイトより今すぐその方法をご確認ください。
↓     ↓
http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&160m1




本日は以上です。





(終)






犬の手作り食メールセミナーに登録する!
★犬の手作り食の基本についてわかりやすく解説した8日間の無料メールセミナーを配信しています!★今なら「犬の栄養学基礎知識e-book」を無料プレゼント!!→ご登録はこちらから!



Office Guri
15 : 14 : 05 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<○○さん自身の手で、大切な愛犬の心と体を癒してあげませんか? | ホーム | ○○さんが犬の食事で悩んでしまう理由とは…?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dogaromanow.blog.fc2.com/tb.php/160-6475523d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。