スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
こんな意外なことが!?犬のストレスになっています!
2012 / 04 / 12 ( Thu )
先日から、犬のアロマテラピーについて取り上げています。



今日は、犬のストレスケアについて
非常に重要なお話をさせていただきます。







犬のアロマテラピーは
単なる癒し、ではなく
目的に応じて香りを使い分けることで
犬の健康サポートに役立てることが可能です。




そして、アロマテラピーの得意とすることのひとつに


「リラックス」



があります。



これは犬のストレスを適切にケアするために
アロマテラピーが非常に有用であることを意味します。





そこで、犬のストレスケアにアロマテラピーを活かすために



「そもそも犬にとってのストレスは何か?」



を、今日は○○さんにお話ししていこうと思います。






ストレスケアは○○さんの大切な愛犬の健康を守る上で
非常に重要ですので
しっかりと読み進めていってください。







犬のストレスとなる事項を、箇条書きで挙げてみます。




↓      ↓


・極端な温度差(暑すぎる、寒すぎる)
・騒音
・落ち着ける場所がない
・居場所が不衛生
・栄養の過不足
・薬による影響
・病気
・痛み
・痒み
・不定期なトイレタイム
・自由にトイレに行けない
・運動
・散歩不足
・過度の運動
・緊張
・不安
・恐れ
・知らない人にいきなり触られる
・リーダー不在
・愛情過多
・新しい家族の出現
・体罰
・サインを理解してもらえない


(参考・出典:ペットのためのアロマテラピー 西村早苗著)







ざっと書いただけでもこれだけあります。






ストレスと言うと、職場での人間関係や仕事の悩みなど
そうしたものを私たちは思い浮かべがちですが


(そして、犬はそういうのなさそうだから
 ストレスって少ないのでは?と誤解されがちです)




「極端な温度差」




というような、犬をとりまく環境が適切でない場合も
犬にとってはストレスになるのです。







「緊張」
「不安」
「恐れ」



というのも、例えば病院が大嫌いな子が予防接種で
獣医さんに連れて行かれるだけでも
その子にとっては大きなストレスなのです。





また、3月の震災直後は余震が頻発しましたが、
(そして現在も続いている地域がたくさんあります)
飼い主さん同様、犬も不安を感じるケースは
非常に多いです。




こうした「緊張」「不安」「恐れ」も
犬にとってはストレスとなります。








「自由にトイレに行けない」



これも、どうしても留守番をしてもらわなくてはならない日、というのが
犬と暮らしているとありますから
留守番の間、トイレを我慢してもらうケースもあります。





「知らない人にいきなり触られる」



我が家の犬は、触られるのだいすき!来るもの拒まず!
オールウェルカム!という性格ですが
突然誰かに触られる、ということは
犬にとって、気持ちの良いことではないケースも多いことを
私たち飼い主は知っておくべきでしょう。





これは、自分が全く知らない人から突然、
頭をなでられたところを想像すると
イメージがわきやすいです。



「は??何すんの??あんた誰???」




○○さんも反射的にそう思われるのではないでしょうか?





犬は撫でられるのが好きだから、
触ると喜ぶんだ!と、散歩の途中で犬を触ってくる人が時々いますが
犬によっては



「本当に嫌なんだけど…」



と思っているケースもあることを、
是非心に留めておいてください。





こんな風に、犬にとってもストレスは身近なものなのです。



これについてはご理解いただけましたか?







こうしたストレスを犬にも分かりやすく、
簡単な方法でケアしてあげるのに役立つのが



「アロマテラピー」



です。





それでは、具体的にどんな風に
「アロマテラピー」を犬のストレスケアに役立てていけば
良いのでしょうか?





これについては、また次回のメールでお話ししますね*








(終)





犬の手作り食メールセミナーに登録する!
★犬の手作り食の基本についてわかりやすく解説した8日間の無料メールセミナーを配信しています!★今なら「犬の栄養学基礎知識e-book」を無料プレゼント!!→ご登録はこちらから!



Office Guri
10 : 33 : 14 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<犬とアロマテラピー | ホーム | 犬のストレスケアのために飼い主に何ができるか?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dogaromanow.blog.fc2.com/tb.php/141-3f5dec8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。