スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
がん細胞をやっつけろ!
2012 / 04 / 10 ( Tue )
○○さん、こんにちは。
諸橋直子です。



先日から、犬のアロマテラピーについて取り上げています。
犬のアロマテラピーは
単なる癒し、ではなく
目的に応じて香りを使い分けることで
犬の健康サポートに役立てることが可能です。






ところでアロマテラピーが非常に得意とすることのひとつに
「リラックス」がありますが…。




実はこの「リラックス」が世間一般での
アロマテラピーに対する理解を
曇らせている部分があるのも事実です。




「リラックス」というと、
すぐに精神面に目が行きがちですね。








「いい香りで癒される」「ほっとする~!!」



確かにそうした精神的な効果も重要です。





一方で、そうした部分にばかり注目が集まることで
アロマテラピーが癒し、美容、エステ?といった
いわゆるお手軽なヒーリングのひとつとして扱われることで
アロマテラピーの本来持つ



「自然療法」



としての優れた効果にスポットライトが当たらないのは
非常に残念なことだと、私は常々考えています。








「リラックス」は非常に奥深いものです。




「リラックス」の本質を理解することで
アロマテラピーを愛犬の健康サポートに
効率よく活かせる、と聞いたら
○○さんは知りたい!と思われるでしょうか?













「知りたい!しっかり学んで愛犬の健康サポートに
 アロマテラピーを取り入れてみたい!」





もし、○○さんそうお考えでしたら
ここから先の情報も
必ずお役にたてるものですので
しっかりと読み勧めてくださいね!









○○さんとは、折角ご縁があって
このメールをお読みいただいているわけですから
ぜひ「リラックス」についても正しい知識をお持ちいただき
大切な○○さんのわんちゃんと、
何より○○さんご自身が元気で毎日過ごされるよう
是非お役立てください!








さて、私たちが「リラックス」した状態になっているとき
体の中の「自律神経」とよばれる神経のうち



「副交感神経」



というものが優位になって体をコントロールする、
ということは、前回のメールでお話しました。


↓     ↓

■サプリメントや薬の効果を引き出すために、見落とされがちな重要なこと。
http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&133m1




副交感神経が優位なリラックスモードに体が入っているとき、
私たちの体の末端にある血管は拡張し
血流が良くなります。




その結果、血液に乗って細胞に必要な酸素や栄養素が
隅々まで届けられるようになります。






また、お薬やサプリメントといったものに含まれる有効成分も
血液に乗って体をめぐりますから
血行が良くなれば、そうした成分を届けたい場所に届けられるようになる!
と言うメリットもあります!










では、こうしたリラックスモードに入っているとき
私たちの体を守る「免疫システム」はどのように働くのでしょうか?





副交感神経が優位になった状態では
私たちの体内では「リンパ球」というものが活性化します。





この「リンパ球」、実はいろいろな種類があるのですが
ここではそれらを総括して「リンパ球」と呼びます。



この「リンパ球」たちが体内で私たちの健康を守るために
やってくれているのは以下のような仕事です。



↓        ↓


●腫瘍細胞(がん細胞)やウイルス感染細胞の破壊
●ウィルスの撃退






ある研究によると
夜の休息時間帯になると「一日の活動で老朽化した細胞」や
「がん細胞」などが現れやすくなる、との報告があります。




休息時間帯には副交感神経が優位になってますから
こうしたがん細胞などを攻撃してくれる
「リンパ球」も活発に働いてくれます。




いいかえると、しっかりと休息時間を取ることによって
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
副交感神経を優位にし、
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
「リンパ球」を活性化させることで
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
私たちは、自分自身の健康を日々守っているということになります。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^








健康な人間や動物の体の中でも
毎日がん細胞は生まれている、と知ったら
○○さんは驚かれますか?






それでも多くの人が、がんを発症せずにいられるのは
「リンパ球」が、少量のがん細胞を発見次第
すぐに攻撃して、やっつけてくれているからです。




このことからも、
「意識的にリラックスの時間を持つこと」
の重要性をご理解いただけると思います。







ところで…。







犬の場合、このように「意識してリラックスの時間」を持つことは
可能なのでしょうか?




「さ~~~~!リラックスしなさい!」



と言って、リラックスできるものなのでしょうか?







その答えについては、
次回のメールで引き続きお話させていただこうと思います。








(終)






犬の手作り食メールセミナーに登録する!
★犬の手作り食の基本についてわかりやすく解説した8日間の無料メールセミナーを配信しています!★今なら「犬の栄養学基礎知識e-book」を無料プレゼント!!→ご登録はこちらから!



Office Guri
10 : 32 : 52 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<犬のストレスケアのために飼い主に何ができるか? | ホーム | サプリメントや薬の効果を引き出すために、見落とされがちな重要なこと。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dogaromanow.blog.fc2.com/tb.php/139-c6012bbb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。