スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
もし、○○さんがストレスを悪いものだと思っているとしたら…。
2012 / 04 / 04 ( Wed )
○○さん、こんにちは。
諸橋直子です。



先日から、犬のアロマテラピーについて取り上げています。
犬のアロマテラピーは
単なる癒し、ではなく
目的に応じて香りを使い分けることで
犬の健康サポートに役立てることが可能です。





さて、今日からいよいよ
「リラックスと免疫」についてお話ししていきます。





意識的にリラックスを促すこと、
そのためにアロマテラピーを活用することは
愛犬の健康を守ることに役立てることができます。







ところで、アロマテラピーが単なるいい香りを嗅いでリラックス~♪的な
エステ感覚の癒しではないことは
すでにこの回のメールでお話ししてきました。


↓        ↓


■ペットのケアにも補完療法を取り入れる獣医師が増えています
http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&129m1






そして、アロマテラピーが何故、犬や人の体に作用するのか?ということを
ご理解いただいた読者の方より、このようなご質問も頂戴しました。


↓    ↓

「病気で香りを感じることができないのですが、
 それでもアロマテラピーの恩恵を受けることはできますか?」



それに対する私からの回答は…。



↓     ↓

http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&129m2







さて、このメルマガをお読み頂いている時点で
○○さんは犬の健康について、
非常に高い意識をお持ちの飼い主さんだと思います。




なので、ここからはかなり突っ込んだお話もしていきますので
しっかりついて来てくださいね!







私たちはよく「ストレス」という言葉を耳にしますね。



ところで、「ストレス」って一体何でしょうか?




ストレスを溜めすぎると病気になる、体調を崩す…など
ストレスの悪い面はたくさん目にしたり、耳にする機会があります。




それだけ私たちは、
ストレスにさらされる生活をしている、ということですね!




人間関係、お金の問題、
将来への不安、自分自身の健康問題…心配事は尽きませんし
ここ最近の暑さだって、不快、という意味ではストレスと言うこともできます。





それでは、そのようなストレスを受けた場合、私たちの体は
どう変化するのでしょうか?




ストレスは、リラックスの対極にあるものです。


そのため、「リラックス」を正しく理解しようと思ったら
「ストレスとは何か?」を、はじめに正しく理解する必要があります。









…。











たとえば私たちは怒って青筋を立てたり、イライラする、などの
ストレスを感じると…。


・心臓がどきどきする
・血圧が上がる
・血糖値が高まる
・血管が収縮し、血流が止まる(止まるのは部分的)



と言った体の変化が起こります。





ちなみにこうした変化を、
私たちは自分の意思ではコントロールできません。




「自律神経」という神経によって、
いわば自動制御されているような状態です。




ちなみにこの「自律神経」には2種類あって、
ストレスを感じた際に働くのが「交感神経」です。



逆に、リラックスした状態のときに優位になって働くのが
「副交感神経」です。




実はこうした交感神経の働きは
「敵から身を守るために」生き物が生まれつき備えている
非常に優れたシステムです。



例えば、



>血管が収縮し、血流が止まる(止まるのは部分的)



という状況は、


「血液さらさら~♪」


が、とにかくもてはやされる今の時代、
血流が止まるなんて…と
一見悪いもののように見えますが、実はこれも


外敵に襲われて傷を負った際に、
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
出血を最小限に食い止めるための自然の防御機能の一種です。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^




はい!
体は実によくできているんですね!

無駄なことはしないようになっているのです。


体の反応には、ちゃんとした意味があるんですね。




ご理解いただけましたでしょうか?





ところで、こうした「ストレス」を受けて
体が交感神経をフルに働かせて、いわば「臨戦状態」になっている場合、
体を守るための免疫はどのように機能しているのでしょうか?




次回はこの「ストレスを受けている際の免疫の働き方」について
お話しします。




ここをご理解いただくと、
その対極にある「リラックス」が免疫にとっていかに大切か、
をご理解いただけます。



それをそのまま、大切な○○さんのわんちゃんの
健康を守るために役立てることが可能です。





(終)




犬の手作り食メールセミナーに登録する!
★犬の手作り食の基本についてわかりやすく解説した8日間の無料メールセミナーを配信しています!★今なら「犬の栄養学基礎知識e-book」を無料プレゼント!!→ご登録はこちらから!



Office Guri
10 : 48 : 57 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<体を守る「大食らいの大食漢」! | ホーム | 匂いを感じる機能が無くても、アロマの効用はありますか?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dogaromanow.blog.fc2.com/tb.php/135-efb3a911
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。