スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
今週のメールは見逃さないでください*
2012 / 03 / 16 ( Fri )
○○さん、こんばんは!
諸橋直子です。


まずはご報告+お知らせです。
昨日の「ペット食育入門講座」は無事に終了いたしました^^


次回の開講は7月10日(日)決定です!


募集は近日開始いたしますが
重要なお知らせがございます。








【セミナー代金を値上げします】




現在、セミナー受講料をおひとり様3,675円頂いています。


この代金は、私がペット食育指導士として
活動を始めた2年前から同じ価格で継続してきましたが
次回開講分より、代金を



3,765円⇒4,200円


へ値上げさせていただきます。



値上げの理由といたしましては、
私自身、2年の間に初級指導士⇒上級指導士とスキルアップし
ご提供できる情報の質が高まったことと…、



折角ご縁があってご参加いただいた受講者さんを

「セミナーを受講したら、それで終わり」


という風にしたくないので
受講後のサポート体制を強化したいからです。



通常、私は個別のご相談・ご質問へのお答えは
有料でカウンセリングを希望されているクライアント様のみに
限定させていただいておりますが、
「入門講座」を受講頂いた方へは


「不安を感じたときに、いつでも相談できる」


サポート体制を次回以降、
期間限定でお付けすることにしました。



そのためのコストをまかなうための値上げ、と
ご理解いただければ幸いです。



尚、こうしたサポート体制が整う以前に受講頂いた方へは
早い段階からセミナーを受講いただいた感謝の気持ちを込めて
同様のサポート体制をご用意いたしました。



これについては個別に、
後日にご連絡させていただきますので
どうぞ楽しみになさっていてください。






一方で…。




「実は今回参加したかったけれど、都合が合わなかった!」


と○○さんが思っておられる場合は
今週配信のこの「ぐり通信」はどうぞ見逃さないようにしてください。



いつもメルマガをお読みいただいている○○さんには
ちゃんと、セミナー受講時のご優待を用意させていただいています。



そのご優待を確実に受けていただくためにも
どうぞ今週のメールは欠かさず目を通してくださいね。





以上がお知らせでした^^








【犬とアロマの気になる関係!?】



さて、ここからは
先週から取り上げている「犬とアロマの関係」についての
解説を行っていきます。




読者さんから、このようなご質問をいただきました。


↓     ↓



--------------------------------------------------------------

諸橋さん、こんにちは!


先日、虫除けスプレーのアンケートをお送りさせていただきました!

昨年までは、ニームのスプレーなど、
できるだけ化学物質系でないものを使っていましたが、
消費期限が書いていない製品も多く、
いつもまだ効果あるのかなぁと不安に思いながら使っていました。


自分で作って使い切るのは良いアイデアですね。
 
 
また、一つ長年疑問だったことがあり、、、
もしよろしければ取り上げていただけたらうれしいです。



というのも、私自身アレルギー体質なことも関係しているのか、
香水や消臭スプレーなどのにおいが本当に苦手です。


慢性的な鼻炎でにおい自体はそれ程感じないので、
におい自体というよりも化学物質?天然のものでも、
やはりある程度きついものはNGなので、
今までアロマに興味がありつつも、少し避けてきた所があります。



犬も同じかわかりませんが、スプレーを嫌がるしぐさを見せるので、
室内ではなく、すぐに拡散するよう
外でスプレーしたり工夫はしていました。


 
犬の鼻の能力を考えると、
人間が感じるレベルの香りを持つアロマは、
犬にとってきつすぎるということはないものなのでしょうか?


もしくは、問題ないにおい、
苦手なにおいというのもわかっているものなのでしょうか?
もしご存じでしたら、ぜひぜひ教えてください。
 
 
それでは、また次の配信も楽しみにしています♪


--------------------------------------------------------------






犬の嗅覚は人間の1億倍とも言われています。


一方で



「犬はアロマの香りを人間の1億倍の強さで感じる!!」



ということはありません。





例えば、犬の嗅覚「一億倍」という数値も
酢酸という物質を希釈したものを、濃度を変えて犬にかがせて、
どのくらいまで薄めても、犬はそのにおいをかぎ分けられるか?という
実験に基づいて言われはじめたものです。





この実験では、犬は酢酸を
1億倍に薄めても嗅ぎ分けられることが確認されました。




そのため、犬の嗅覚「1億倍」というような説明がされるのです。





それでは、犬はすべてのにおいを
こんな風に、「1億倍」に薄めてもかぎ分けられるのでしょうか?




実は、犬も「得意な匂い」「あまり得意でない匂い」があります。



酢酸系のにおいはかなり薄められてもかぎ分けられるけれど
ニンニクのにおいは2000倍程度まで薄めたものをかぎ分けるのが限界、という
実験結果があります。




ここまで読んでいただくと
勘の良い○○さんは、もうすでにお気づきかと思いますが
犬の嗅覚は



「普通のにおいでも、人間の数倍強く感じる」



ではなく、



「人間が感知できないような、微量の匂いでもかぎわけることができる」



という種類の鋭さを持っていることが分かると思います。




つまり、ものすごく感度が良い、ということなんですね。









もっとわかりやすく、別のものにたとえてみます。




○○さんはデジカメをお持ちですか?^^




デジカメには「ズーム機能」があります。



「ズーム機能」は遠くのものを近くで見られる機能です。
そのため、遠くにあるものでも
うんと拡大して見ることができます。





一方で、デジカメには「感度を調整する機能」もあるのをご存知でしょうか?



「感度」を調整することで
暗い場所でも、わずかな光を感知することでき、
実際ンは暗い場所でも、明るい写真を撮ることが可能です。


犬の嗅覚は、この「感度」が非常に高い状態であると理解してください。



わずかな光を感知することは
その光を通常の100万倍の強さで感じて
まぶしく感じでしまうこととは違います。



わずかな光はわずかなまま、でも明るさは感知できる。



犬の嗅覚は感度が高いので、
わずかな香りでも感知してかぎ分けられる。


でもそれは、その香りを100万倍の「強さ」で感じているのとは違う。




こんな風に理解してください。




そのため、




>犬の鼻の能力を考えると、
>人間が感じるレベルの香りを持つアロマは、
>犬にとってきつすぎるということはないものなのでしょうか?


このご質問については
適切な量を使用していただく分には、犬にとって問題ありません。




あ、アロマ精油は
原液のままだとものすごく濃縮された状態なので
私たち飼い主が心地よく受け入れるためには
薄めて使う必要があります^^



これについては、犬も同様、ということですね。




そして、次のご質問ですが、



>もしくは、問題ないにおい、
>苦手なにおいというのもわかっているものなのでしょうか?
>もしご存じでしたら、ぜひぜひ教えてください。
 



これについては、次のメールで
さらに詳しく解説していこうと思います。



(終)








◇追伸1:

犬2匹、たかっています(泣)
http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&114m1







◇追伸2:


圧力鍋をついに買ってしまいました!!!!!!!!
http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&114m2


調子こいて、6.0Lを買ってしまいました。


しかも、たまたまコストコに会員証無しで入れるというチラシがあって
ちょっとのぞきに~に立ち寄ったら
そこで知人が圧力鍋の販売やってまして(爆)



勧められるままに、6.0Lを購入(`ェ´;)


角煮を作ったり
鶏肉とトマトを煮たり
玄米を炊いたりしています。




ハマりそうです…。








◇追伸3:


最近、免疫の研究をはじめました(笑)
人間の体の中には
自前の製薬工場があるっていう考え方、面白いです。



免疫に関する本をまとめて読んでます。


動物も、体内の製薬工場のスイッチを押すことで
健康をキープできたら…。




色々分かったら、またこのメルマガでシェアします^^





犬の手作り食メールセミナーに登録する!
★犬の手作り食の基本についてわかりやすく解説した8日間の無料メールセミナーを配信しています!★今なら「犬の栄養学基礎知識e-book」を無料プレゼント!!→ご登録はこちらから!



Office Guri
10 : 40 : 21 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<香りの好みも、犬それぞれです。 | ホーム | ○○さん、諸橋です。犬の嗅覚についてご質問をいただきました。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://dogaromanow.blog.fc2.com/tb.php/121-78385a49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。