スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
酢、生姜を早速犬の食事に使ってみますね!~犬と薬膳?春のデトックス(4)
2013 / 10 / 31 ( Thu )
おはようございます。
Office Guriの諸橋直子です。

さて、今日は少し間があきましたが「犬の薬膳」の続きです。


前回の記事内容はこちら。


●犬と薬膳?春のデトックス(3)~なんでもきれいに平らげてくれるので、気持ちいいです。
→ http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&343m3



前回のメールで


「肝臓がせっせと働くのはいいことだ。

でもその働きが行きすぎるとダメージを被る臓器がある。

 その臓器って何だと思いますか?」


という問いかけをさせていただきました。



それに対して答えをお送りくださった方のメールを
ご紹介しますね。



----------------------------------------------------------

こんにちは。

前回の答えが合っていたのも嬉しかったのですが、
メルマガに自分の名前が載ってるのも嬉し恥ずかしです(*^^*)

肝臓が働きすぎたら…
『脾』を克する、だったような^^;
逆かな?

陰陽五行の考えですね。
間違ってたら載せないでくださいね。

それでも明日も楽しみにしています♪

(古川 孝子さん)

----------------------------------------------------------



古川さん、いつもありがとうございます。




また、答えはちょっと分からないんだけど、
ご感想をお送りくださった方もいらしたので
併せてご紹介しますね。



↓    ↓





----------------------------------------------------------

今日のメルマガで私のコメントを使っていただき、
まあ、ほんとに読んでくださってるんだーと感激しました。
ありがとうございました。

今日の問題は…答えがわかりませんでした。残念…。

今朝は、宣言通り生姜を使いましたので、(ちょっといい香り)
明日は早速酢を使ってみようかと思います。
すぐ影響される私…。
明日も楽しみにしています。


(登武子さん)



----------------------------------------------------------



登武子さんも、いつもありがとうございます。


生姜と酢、どこのご家庭でも普通にある食材ですが
薬膳の食材としても効果的ですので
ぜひお試しくださいね。




さて、肝心の答え合わせです。



答えは「脾」。



ということで、古川さん正解です。
ピンポン♪




ここでひとつ大事なポイントをお話しします。



「脾っていうと脾臓?」


中医学では「脾」といった場合「消化・吸収機能全体」を表します。


何故、古代中国の人がそう考えた?かは謎ですが
現代の「解剖学的な脾臓」とは少し意味合いが異なるので
要注意。




つまり…。




「肝臓がせっせと働くのはいいことだ。

でもその働きが行きすぎるとダメージを被る臓器がある。

 その臓器って何だと思いますか?」



という問いの答えは



「消化・吸収機能全般です」



ということになります。








ここまではOKでしょうか?





「じゃあ、『脾』をサポートするには
 どんな食材をチョイスすればいいんでしょうか?」




はい、実はここで「薬膳独特のちょっと面白い考え方」が出てきます。



その「独特の面白い考え方」とは?




次号に続きます。






ドッグホームケアセラピスト
諸橋直子



(終)





犬の手作り食メールセミナーに登録する!
★犬の手作り食の基本についてわかりやすく解説した8日間の無料メールセミナーを配信しています!★今なら「犬の栄養学基礎知識e-book」を無料プレゼント!!→ご登録はこちらから!



Office Guri
スポンサーサイト
09 : 08 : 38 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。