スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
今日は尿結石症の犬にお家でできるツボマッサージを紹介します。
2013 / 02 / 28 ( Thu )
こんにちは。
諸橋直子です。



さて、今日は「犬と尿結石症」についてのお話の最終回です。



◎バックナンバーはこちら:
http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&257m1



昨日は「犬の尿結石症」を東洋医学的な考え方で捉えた場合
どう見るか?についてお話をしました。



尿結石症は「膀胱湿熱」と言う状態であるため起こっている、と
東洋医学では捉えています。






これを改善するために



◎水分を多く取り、膀胱にこもった熱を取り去る



と言う対策が取られます。




水分を多く取る、というのは一般的な現代医療でも
尿結石症の子に対してアドバスされることが多いですから
この部分は、現代医療と東洋医学に共通するものがあります。



食事で考えると、スープご飯など水分の多い食事を試すのも
この観点から見てお勧めです。



そして、東洋医学では「体内エネルギーの流れ」がスムーズであることを
重視しますから、それが滞ることで
病気につながると考えています。



そこで出てくるのが「ツボ(経穴)」の指圧です。



「ツボ(経穴)」を指圧することで、「体内エネルギーの流れ」の滞りを
改善しよう、というのが「ツボマッサージ」の基本的な考え方です。




では、「尿結石症」の場合に使用するツボを4つご紹介しますね。





【委陽(いよう)】結石の排出を促すツボとされています。




【膀胱兪(ぼうこうゆ)】膀胱の動きを活発にする。



【腰の百会(ひゃくえ)】排尿を促す。



【腎兪(じんゆ)】腎臓の機能を整え、排尿障害や残尿感を改善。




ツボの位置については動画セミナーにまとめてみたので
ぜひこちらも参照されてください^^


↓   ↓

http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&257m2



動画の中で
これまでメルマガで私から書かせていただいたアドバイスについても
セミナー形式で詳しくお話しさせていただいています。




是非復習のつもりでご覧いただければ幸いです。











「尿結石症」の場合、犬が膀胱の感染症にかかっていて
それが原因で引き起こされることがある、と言うお話は既にしました。



感染症には「抗生物質」を使用して
根本原因となる細菌を元から叩く!という対応が必要なケースがほとんどです。




そのため、こうした「食事」「ツボマッサージ」はご自宅でのホームケアとして
病院との治療と上手く併用してご活用ください。



また、ツボマッサージは普段から行っておくことで
病気の予防効果も期待できます。







いかがでしょうか?






こんな風に病院での治療にプラスして


「食事の改善」
「マッサージ」


などを上手に活用することで、お家でできる「ホームケア」の幅も
ぐんと広がります。




また、過去記事でもご紹介したように
「尿結石症」を患っていても、手作り食を取り入れて元気に暮らしている犬たちもたくさんいます。






「できることはたくさんあるし、何をするか?はたくさんある選択肢の中から
 自分で選んでいいんだな!
 そう考えると何だか気が楽になるな~!!」




そんな風にもし、○○さんがお感じになっていただければ
メルマガをお届けしている私にとっても
こんな嬉しいことはありません^^




「尿結石症」についてのお話は、今日で一旦終了です。



次号よりまた別のテーマでお送りします。






ドッグホームケアセラピスト
諸橋直子

(終)



犬の手作り食メールセミナーに登録する!
★犬の手作り食の基本についてわかりやすく解説した8日間の無料メールセミナーを配信しています!★今なら「犬の栄養学基礎知識e-book」を無料プレゼント!!→ご登録はこちらから!



Office Guri
スポンサーサイト
07 : 27 : 24 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。