スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
犬のアロマQ&A 昨日のアンケート結果を発表します!
2012 / 09 / 29 ( Sat )
○○さん、こんにちは。
Office Guriの諸橋直子です。


先日から、「犬の皮膚を健康にするアロマテラピー活用方法」について
寄せられた疑問をテーマに
それに対する回答をお届けしています。



見逃した!と言う方は
こちらからバックナンバーをご確認ください。

↓    ↓

■Q&A 犬の皮膚を健康にするアロマテラピー活用方法:
 犬の皮膚にアロマ精油が直接触れても大丈夫?
http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&197m2



昨日は


「精油を原液で肌に直接塗ってはいけない」


と言うことについてお話ししました。


じゃあどうしたらいいか?



「精油成分を快適に体に受け容れられる濃さまで
 薄めて使ってください」


と、このメルマガではアドバイスさせていただきました。





「薄めるってどの程度まで?」








この具体的な情報を知りたい方は
メール内のURLをクリックしておいてくださいねって
昨日アンケートをお願いしていました。



私の中で「このくらいのクリック数があればこの情報は配信しよう」と
決めていた数があったのですが
その数字はクリアできましたので
今からその情報をお伝えしようと思います。



意思表示をしてくださった皆さん、ありがとうございます^^







では行きますね。









…今日は数字多いですが寝ないで読んでください(汗)









アロマテラピーを活用すると、
犬のために様々なお手入れ製品を手作りすることが可能です。




つまり、アロマテラピーの基本的な活用方法を覚えてしまうと、
ブラッシングスプレーやマッサージオイル、
お部屋の中を快適に過ごすための消臭ミストまで…




必要に応じて○○さんご自身の手で
わんちゃんのための世界にたったひとつ!のオリジナルで
作成できるということです。



さらに言うと、そうした手作りのお手入れグッズには
防腐剤や着色料、保存料も入っていませんから
安心して使うことができます。




こうした手作りのお手入れグッズ作成には
様々なレシピがありますが
その中で直接犬の体にかける「ボディミスト」というものがあります。



簡単にいうとスプレーですね。



リンスの話をする前に、理解を助ける参考事例として
このミスト=スプレーの場合、
どのくらい精油を薄めて使ったらいいか?という
お話をします。



このスプレー、犬の場合は0.25%以下に希釈してください、という
ガイドラインがあります。








…0.25%に希釈するってどうしたらいいの?









毎度おなじみ、分かりやすい例でいきますね(笑)




↓    ↓




【答え】60mlの水に精油を3滴垂らすと、0.25%の希釈液となります。



精油の瓶には「ドロッパー」という特殊なフタがついてます。



これは、精油は濃縮された原液の状態で瓶に入っていますので
一気に「どば!」っと出てこないよう
ちょっとずつ出てくるよう工夫された蓋です。




ぽた、ぽた、ぽた、と1滴づつしずくが落ちるように
中身が出るようになっています。



安全設計なんですね!




その「ぽた」という1滴が、約0.05mlになっているドロッパーが
一般的です。




そのため、


精油3滴=0.05ml×3=0.15ml



となります。




ここまではOKですか?









では、この「0.15ml」と言う量は
水60ccに対して何%になるのか?




0.15ml÷60ml×100=0.25%



となります。




60mlに精油の量を足して全体の量は60.15mlになるから
0.15ml÷60.15mlでは?という突っ込みは今回無しでお願いします(笑)



物事はシンプルに、分かりやすくとらえた方が理解しやすいので
このメルマガでも分かりやすい数字でお話ししています。





今回は、折角の機会なので、考え方も理解していただくために
わざわざ計算式を載せましたが
1回理解したらもう忘れていいです(爆)





大切なのは計算式を覚えることではありません。






60mlの水に対し、3滴以下の精油の量であれば
安全ラインだ、と○○さんがご理解いただくことが
一番重要なのです。






ここまではご理解いただけましたか?






それでは、リンスの場合はどうでしょうか?



私は通常、リンスに精油を活用する場合は
洗面器1杯のぬるま湯に精油1~2滴とアドバイスします。



一般的なこういう洗面器を想定しています。
↓   ↓
http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&197m3



洗面器は4L程度の物が多いです。



精油2滴の場合の希釈濃度を試しに計算します。



4L=4,000mlです。




0.10ml÷4,000ml×100=0.0025%





いかがでしょうか?




直接犬の体に触れる「ボディミスト」の安全ガイドラインは
0.25%以下でした。




リンスに精油を使用する際は、濡れた体にリンスが浸透するため
さらに薄めることで
より安全に精油を使うことができます。





洗面器にお湯を張り2滴の精油を垂らしてよく混ぜて
リンスを作った場合は
約0.0025%(←これは洗面器の大きさによって変わります)
となります。



0.25%と比べても、とても薄いです。



1/100の濃度です。





もし心配だっていう方は、
2滴のところを1滴から始めるとよいでしょう。






いかがでしょうか?




精油をどのくらい薄めれば安全か?という
ガイドラインについてはご理解いただけましたか?




ぜひ、この安全ガイドラインの濃度を守って
わんちゃんのリンスに活用してくださいね!







そして、アロマに関する今回のご質問に対する回答は
一旦これで終了です。







ところでもし、○○さんが
今回のメルマガをきっかけに
うちの子のためにアロマテラピーを使ってお手入れグッズを作ったり
ストレスケアやリラックスに積極的に活用してみたい!と
お考えでしたら下記のURLをクリックしておいてください。

↓     ↓


(メルマガをリアルタイムでご購読頂いている方のみご利用いただける機能です)



クリックしていただいた方にのみ
後日、ご自身で犬のためのアロマテラピーを学んでいただける
インターネット通信講座のご案内を差し上げます。



アロマを学ぶと、肉球クリームからブラッシングスプレーまで
様々なものが手作りできるようになります。








そしてこのメルマガでは次号から、新しいテーマで配信させていただきます。

↓    ↓


----------------------------------------------------------------


諸橋さん、こんにちは。

毎回楽しみに拝読しています。

我が家にはコーギー(元保護わんこ)の女の子が2頭います。

その内の1頭は引き出し時には酷いアカラスで一時症状も良くなりましたが、
現在も継続治療中です。

普段からお家で出来るケアがあれば教えていただきたいと思い
メールさせていただきました。


メルマガのテーマとして取り上げていただけると嬉しいです。


よろしくお願いいたします。


BY溝井 真知子さま

----------------------------------------------------------------



このような場合、お家でどのようなケアが可能か?について
お話しさせていただきますね。




本日も最後までお読みいただきありがとうございます。



ドッグホームケアセラピスト
諸橋直子




(終)




犬の手作り食メールセミナーに登録する!
★犬の手作り食の基本についてわかりやすく解説した8日間の無料メールセミナーを配信しています!★今なら「犬の栄養学基礎知識e-book」を無料プレゼント!!→ご登録はこちらから!



Office Guri
スポンサーサイト
12 : 09 : 11 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。